fbpx
公式LINEからのご連絡お待ちしております

ジンボラボ 【クラウドファンディングのことならおまかせ】

あなたのクラウドファンディングを成功に導く解説動画はこちら

なるほど!クラウドファンディングにアドバイザーが必要な3つの理由

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

クラウドファンディングアドバイザーとして活動するようになって3ヶ月ほど経ちました。

実際にいまクライアントさんと一緒にチャレンジしている案件が一件。

越後湯沢で、魅力的な人が交わり街が再生する拠点を作りたい!!

こちらの支援もどうぞよろしくお願いいたします。

現在相談をいただいている案件が2〜3件ほどあります。

と、そんなタイミングであらためて、クラウドファンディングにアドバイザーをつける意味を考えてみました。

ポイントは3つ。

  • 俯瞰してみる
  • 先導をする
  • ともに歩む

なんだかんだこの3つに集約されました。

クラウドファンディングアドバイザーのジンボラボ神保貴雄が、あなたのクラウドファンディングを応援します。

ということで早速いってみましょう!

 

①俯瞰してみる

これが結構大切。

プロジェクトオーナーとして集中すれば集中するほど周りが見えなくなってしまいます。

例えばこんな感じの物販系のプロジェクトがあったとします。

あなたは見たこともない新しい財布を作るべく、デザインから機能まで毎日頭を悩ませます。

来る日も来る日も財布のことを考えます。

だからこそ、新しいテクノロジーが生まれるわけなのですが……。

しかし、このテクノロジーを本人が紹介しない方がいいことも。

なぜか……あまりにも想いが熱くなりすぎて、説明が難しくなりすぎたり、専門的になりすぎてしまうことがあるからです。

実際に使うユーザーに小難しいウンチクや、専門的な知識を押し売りしてはいけません。

コンパクトなデザインやスマートな機能美を追求するなら、そこを語れば語るほど野暮ってもんです。

そんな時にアドバイザーは「鳥の眼」を発動させて、俯瞰したアドバイスをすることができます。

最終的に商品を使うのはユーザーですからね。

そこを忘れてしまったら本末転倒。

とっても大切なところです。

 

②先導をする

クラウドファンディングという文化がアメリカから日本にやってきたのが2011年。

まだまだクラウドファンディングというコンテンツの本質をとらえている人は、少ないです。

クラウドファンディングにもいくつか種類があって……

  • 購入型
  • 寄付型
  • 投資型

などなど。

一般的に接する機会が多いのが「購入型」になります。

で、この購入型クラウドファンディングは「通販サイトからの予約購入」とまったく同じ構造なのです。

クラウドファンディングを成功させるにはまず、このあたりをしっかりと理解する必要があります。

そんなところから、しっかりと説明させていただきます。

なにごとも始めるところに一番パワーが必要ですからね。

初めて登る山にガイドが必要なように、初めてのクラウドファンディングにガイドがいれば安心。

あなたの少しだけ前を歩いて、道を照らしながら先導させていただきます。

 

③ともに歩む

いざ、クラウドファンディングが始まっても上手くいくことばかりではありません。

つまづくこともあるでしょう。

そんな時は、あなたの歩幅に合わせて一緒に前に進みます。

歩みが止まってしまうようなときは、隣で声をかけ励まします。

時には半歩下がって、あなたのお尻を叩くこともあるでしょう。

クラウドファンディングはアドバイザーをセコンドにつけた孤独な戦いです。

フラフラになりながらも、支援者からいただく応援のメッセージで正気を保ちます。

あなたが最後の最後まで戦い抜けるように、ともに歩みます。

 

なるほど!クラウドファンディングにアドバイザーが必要な3つの理由 まとめ

クラウドファンディングアドバイザー

のことを少しは理解していただけましたでしょうか?

さきほども言った通り、アメリカから日本にクラウドファンディングという文化がやってきたのが2011年。

東日本大震災の起きた年。

そんなタイミングで日本に広まったので、「寄付集め」という意味が強くなってしまいました。

それから時は経ち……。

SNSが急速に発達して「個人の時代」がやってきました。

次のクラウドファンディングは、この「個人の時代」を加速させる装置になるだろうと……予測されます。

これが「クラウドファンディング2.0」ってやつ。

あなたの想いを形にできるチャンスが用意されました。

僕と一緒にチャンスを掴んでみませんか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら