2013【OSJ奥久慈トレイルレース50K】参戦記~前半から中盤~

アキレス腱の痛み&腫れがバリバリ残っている神保です(笑)。

さて、「歩かない」ことを目標にレースを進める! ということが今回の奥久慈のテーマでした。

舗装路になると(特に上り)ついつい歩いてしまいがちなのですが、 歩きたい気持ちをグッと堪え、遅くてもいいから走り続けること。

当日幸いに天気もよく、 暑くもなく寒くもないといった最高のロケーションでした。

走り続けるにはもってこいの朝です。

前半の山登りは調子よく進みます。 ガツガツと登りガツガツと下ります。

15km以降は林道が続きます。

まだまだ前半気持ちよく走れました。
エイドがところどころにあったのですが、 私設なんだか公設なんだか今となってはわかりません。
でも、とにかく手厚いサービスをしてもらいホント助かりました。
おかげで持っていった補給食には ほとんど手をつけなくてすみました。

25km過ぎから苦手な舗装路がやってきました。

この頃には日が高くなり照り返しのあるアスファルト上は熱いです。

これにまた心と体がやられます。
なんとか振り絞って走りました。
(おばちゃんたちのエイド…極道の妻たち…)

この大会でわかったのですが「トレイルで抜くことはあっても抜かれることはなく、 逆に舗装路では抜かれることはあっても抜くことはない!!」 というこつ…。

舗装路の練習をもっとしなきゃ、 と心に決めながらひたすら走ってました。

30km過ぎにゴールでもあり中継地点の竜神大吊り橋に到着。

なかなか悪くないペースです。 体もまだまだいけるぞ!と言ってるような気がしました。

(竜神大吊り橋。ちなみに本州一の長さだそうです)

橋を過ぎて少し舗装路を行くと、 今度は本格的なトレイルが続くのでした。

やっぱきますよね…40km過ぎるとさ…。

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です