2012【十日町新雪マラソン】一番冷たくなったのは、まさかのアソコ!

さてさて、おけましておめでとうございます。
世界。

昨日は早速、十日町新雪マラソン(ハーフ)に 参加して参りました。

スタート時にはモサモサと雪が降っており、 どうなることやら…という状態でしたが 何とか走り抜けることができました。

路面はビチャビチャ、そしてツルツル。

靴の中は冷水が否応なく沁みこんできて、 そこはもう独りアラスカ状態。

でも最終的に一番辛かったのは「手先」。

指先ではなくて手首から下の感覚が ほとんどなくなったこと。

胸の高さで前後に腕フリをしていますので 血行が悪くなるのしょう。

手袋をしていましたが、そんなのお構いなしに 寒風は侵入してきますね。

そんな感じで走っていたので、 いつもより短く感じました。 タイムは1時間42分。

筋肉痛は内転筋にやや強めにあるくらいです。

これは滑らないような脚さばきが 多かったからだと推測されます。

後半、特にペース落ちることもなかったので ペース配分も良かったと思います。

でも、もう少しスピードを上げられる部分があれば、 もっとよかったですな。

雪道でスピード練習は厳しいのですが、 そこをなんとかするのが雪国人なのでありんす。

今日はお休みで、また明日から練習します。

世界。

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です