【8年目の手作りうめぼし】助っ人に選んだ二人を動画で実況紹介

2016-06-15 13.09.48-1

アリスインウメダーランド…梅の世界へようこそ。

ことしも『うめぼし』な季節がやってきましたね。

ちなみに去年のようすがこちら…

「ん、うめぼし…おれについてこいや!」うめぼしができるまで…
https://goo.gl/btuzID

(クリックするとページにジャンプします)

漬けます!干します!飛びます!跳びます!

いつもより多く回していきますので、おたのしみに~♪

2016-06-17 19.37.51

強力な助っ人を2人ほど用意

自らの手を汚さずして美味しい梅干しは食べれないか…と悩みに悩みました。

そこで少し高くはつきますが、長男と次男に助っ人をお願いすることに。

彼らにはこれからウン千万という大金をもっていかれるので、これくらいの働きをしてもらわないと困りますよ…

「ザーボンさん」

多少手つきはおぼつきませんが、そこはご愛嬌。

あとは野となれ山となれ~。

2016-06-17 19.31.27

2016-06-17 19.37.40

さて、ここで問題!?

ことしは全部で10kgの梅を漬けます。

塩分濃度は『15%』でいきます。

ということは塩は何グラム必要かわかりますか??

シーンキーンターイム!!!

はいはいはい、正解です!そうですね1500グラム…1.5kgですね。

まぁ、このくらいがベターな塩分濃度ですかね。

ヘタを取り除き水洗いをした梅たちをアルコール度数が35%のホワイトリカーにくぐらせ殺菌します。

その状態で梅に塩をガッ!とまぶして保存用のツボに入れていきます。

モノさえあればこどもでも簡単にできます。

梅干しつくりはちょっとハードルが高いイメージがあるかもしれませんが、この通りです。

2016-06-17 19.50.39-1

もう、本当に簡単なのでマネしてちょーよ

ヘタとりからやっても、ひとりで2時間もかからないでできますね。

助っ人がいて手際よくやれれば1時間でここまで完成します。

あとはカビが生えないように管理したり、7月に入ったら干したりと面倒はありますが、これで一年中てづくりの梅干しがたのしめますよ。

ぜひ、お試しください。

~じんぼのまとめ~

梅干しつくりもことしで8年目になりました。

『うめぼしマスター』の称号をもらってもいいかな!?

「いいともー!!」(笑)

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

こちらの記事も人気です。

コメントはまだありません。

  • この後どんな手順になりますか?
    来年はこのやり方でやってみたいので
    梅干しマイスターさん、ぜひおしえてください

    • どうも(^0^)おひさしぶりです!!

      マイスターじんぼです(笑)

      このあとですね、このあとは実は紫蘇を入れて干すだけ…という工程です。

      7/19が土用なので、その日に紫蘇を入れるのが習わしのようです。

      塩で揉んでアクを出した紫蘇をこのツボの中にINします。

      そうすると例の赤紫色に着色されるんですね~♪

      あとは天日干しを3回ですね。

      朝から夕方まで干すを1回として3回。

      梅雨が明けて晴天の日を選んで干します。

      夕立には十分注意が必要。

      雨に当たられるとOUTです(ムフフ)

      3日干せば、めでたく完成となります!!

      少しで結構であればお分けしますので、ご連絡くださ~い☆

      ではでは!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です