「腰痛は迷信!?」あなたはいつまで信じ続けますか?




人々モノクロモノクロバックマッスルハンクブリッジ水海海

 

「腰」は「4」である…と、誰かが言った

そう、何を隠そうわたしの言葉である。

「4」あるいは「四」という数字は日本人にとって「死」を連想させる数字として敬遠されがち。

(あと「仏滅」とかも、その類ですわな。あとづけで人間が決めたもの)

「4」=「不吉」

「4」=「禍々しい(まがまがしい)」

「4」=「憂鬱」

いわゆる“迷信”ってやつ。

4は何も悪いことしてないのに、とてもかわいそうだ。

緑のクローバー4つの葉のクローバー自然の植物

腰にもそういうとこがあるんじゃないか?

「腰」=「悪い」

「腰」=「脆い」

「腰」=「弱い」

「腰」=「腰痛」的なね。

腰も日々、ご主人様のために文句も言わず働いているのにかわいそうだ。

「月」に「要」と書いて「腰」なんて、モチ上げられたりしている部分もあるけど。

いくら縁起が悪いからといって『4』を使わないわけには生活でない。

『4』との縁を切って残りの余生を過ごすことは不可能!!

腰も同じこと。

腰と一緒に生きていくしかないのだ。

だったら、断固たる決意を持って仲良く付き合っていくしかないじゃない!?

僕は一時期、不仲の時もありましたが、いまは無二の親友です!!

あなたはどちらの道を選びますか??

 

~じんぼのまとめ~

四葉のクローバーも大変だよな…。

三つ葉は誰も見向きもされないけど、摘まれないで生きていける。

四葉はただ「四葉」なだけなのにさ。

ふん。

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です