長森の戦いから下剋上を成した長尾氏

さて、どこまで書きましたっけ??

長森の戦いにおいて『下剋上』を成した上田長尾氏は越後の中でも一定の独立性を保ちます。
ここでポイントなのが長尾氏は、そのルーツにより3氏に分かれます。この辺がなかなか複雑なところです。

①府内長尾氏(上越)ー謙信
②古志長尾氏(長岡)
③上田長尾氏(南魚沼)-景勝

府内長尾氏と上田長尾氏は同じ一族ではあるが大変仲が悪かったようです。
謙信の姉(仙桃院)が上田長尾氏に嫁いだのも政略的な理由からで府内長尾氏が上田長尾氏を警戒してのことでした。

この謙信の姉と上田長尾氏当主・長尾政景の間に生まれたのが景勝(1555年)となります。景勝が生まれたのも何を隠そう、我らが坂戸城なのでございます。
ということで景勝は謙信の実の甥っ子になるわけです。

しかし、この政景と謙信は仲が悪くケンカが絶えません。
ゴタゴタが色々ありましたが、最後には業を煮やした謙信が坂戸城総攻撃を通告すると政景は抵抗をやめ謙信に降伏します。

当時、坂戸城周辺は「上田庄うえだのしょう」と呼ばれ、関東方面と越後を結ぶ交通の要所(上町に清水街道と三国街道の分岐点がありますよね)で、魚野川の水運による物資流通の拠点でもありました。上田長尾氏は、その物資の拠点を押さえ、その財力と強兵で府内長尾氏と互角の力を持っていました。
要するに謙信も一目を置いていたのでしょう(いい意味でも悪い意味でも)。


(http://www.geocities.jp/ikoi98/photo/mikunikaidou/200805/941.html)

その後、政景は謙信の配下となり謙信の関東出兵の際には本拠地である春日山城の居留守を命じられたりと、大きな役割を任せられました。
が、そこには強大な力を持つ上田長尾氏を持ち上げておこうという謙信の思惑も感じられます。

1546年、政景は舟遊びをしている際、酔っぱらって池に落ち死んでしまいます。
これには謙信の謀略ではないか…との説もありますが実際のところは謎のままです。

この事件がきっかけになり、上田長尾氏の勢力は弱まってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です