景勝と景虎、光と影

さて、続きです。

坂戸城主・長尾政景が事故死した後、謙信は坂戸城に側近である黒金氏を入れ上田衆の統率を計ります。
と同時に泣く子も黙る豪傑上田衆のメンバーを群馬や長野、富山などの領地に送り込み力を弱めることに成功しました。
更に政景の子、喜平次(景勝)を春日山城に引き取り上田衆に対する人質としました。

これで謙信は関東国境にある重要な拠点、坂戸城を自らの手に収めることができました。

そして、この頃謙信は景勝の他にもうひとり養子を迎えていました。それが景虎です。
大河ドラマ天地人では玉山鉄二さんが演じていましたが、戦国時代きっての美男子だったそうで、その噂は遠く京にまで広がっていたそうです。

その景虎は小田原北条氏との同盟のため人質として越後にきました。
当時、武田信玄が今川家と北条家との同盟を破り、今川家駿河の領地に攻め込みました。それに怒った北条が武田方との同盟を破棄し、長年の仇敵である上杉と同盟を結ぶことになり、その人質として用意されました。

そんなことから景虎は人質としてだけではなく、北条氏と上杉家の関係を取り持ち、同盟を維持するという役目もありました。

しかし、この北条との同盟は上手く機能しませんでした。信玄の背後をつき挟み撃ちにしようという北条方の作戦でしたが、その時越中(富山)攻めに手を焼いていた謙信はなかなか動こうとはしませんでした。

そんな中、北条では当主が亡くなってしまい代が変わります。謙信の態度にしびれをきらした北条方は謙信との同盟を破棄し、再度武田と同盟を組むことにしました。上杉と北条が決裂したわけです。

本来なら、この時点で謙信は景虎を殺すか、北条方に返さなければならなかったそうですが、返すことなくそのままそばに置き続けました。謙信が美男子好きで男色というのは有名な話ですが、そういった意味でも謙信は景虎を近くにおきたかったでしょうし、北条方としても同盟を破棄したとはいえ景虎が上杉との唯一のパイプであり、今後どうなるかわからない情勢を考えた時の大切な保険でもあったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です