謙信の後継者とその死

生涯妻も子も、もたなかった謙信は将来のことを考え3人の養子を迎えていました。
1人目は景勝、2人目は能登の畠山氏から人質として迎えた義春、そして3人目が北条から迎い入れた景虎となります。

謙信は義春には景勝の姉を嫁にやり、かつての越後の守護上杉氏の名門、上条(じょうじょう)上杉氏を相続させ上条政繁と名乗らせました。よって自分の跡取りとは考えていなかったということがわかります。

景勝、景虎どちらかが跡取り候補だったのでしょうが、謙信は後継者を決めないうちに1578年3月9日に突然の病に倒れます。脳卒中ではないか…と言われていますが定かではありません。
この時、後に兼続の妻となる「おせん」が、謙信の枕元で「跡継ぎは景勝か!?景虎か!?」と呼び続けたという話が残っています。

謙信の死因についてですが、脳卒中の他に胃癌説や信長による毒殺説などがあるようですが、謙信は稀にみる大酒のみ(さすが酒所の武将!)だったそうで、それが間接的な原因での病死が最も納得のいくところではないでしょうか。

一期の栄 一盃の酒
四十九年 一酔の間
生を知らず また死を知らず
歳月ただこれ 夢中のごとし

(謙信の辞世の句とされているもの)

4日後、謙信は帰らぬ人となります。もし謙信がはっきりと跡取りを指名していたなら…。
これにより越後全体、いや関東勢をも巻き込んだ『お館の乱』が勃発します。

参考資料:三池純正「守りの名将・上杉景勝の戦歴」洋泉社 2009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です