公式LINEからのご連絡お待ちしております

ジンボラボ 【クラウドファンディングのことならおまかせ】

クラウドファンディングの情報が無料で手に入るLINE登録はこちら

クラウドファンディングサイト『キャンプファイヤー・ReadyFor・Makuake』3社を比較【あなたにおすすめのサイトがわかります】

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

中学生のころにセブンイレブンのブリトーの味に感動して失神しかけた、ジンボラボ 神保貴雄です。

あなたはクラウドファンディングサイトをどれだけ知っていますか?

▶︎CAMPFIRE
▶︎ReadyFor
▶︎Makuake
▶︎SILK HAT
▶︎kibidango
▶︎MOTION GALLERY

いずれかの名前は一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

僕が知らないのも合わせると30サイトくらいあるらしいし、最近は本家米国からも本場のサイトが入ってきてるそうです。

各サイトごとに得意不得意、それぞれ違いがあるので、その特色を知ってどのサイトを利用するか決めるべき。

クラウドファンディングにかかる手数料については……

以前に書いた、こちらの記事を参考にして比較していただければと思います。

今回は……

▶︎CAMPFIRE
▶︎ReadyFor
▶︎Makuake

こちらの大手三社のサイトのイメージや、どのようなプロジェクトを取り扱っていることが多いのかをお伝えします。

コンビニにもあるじゃないですか……

・セブンイレブンはおでんが美味しい
・ファミリーマートはファミチキがうまい
・ローソンはからあげくんが絶品

「このお店ならこれがおすすめ!」ってのが。

クラウドファンディングサイトにも言えるわけですね。

「こういうプロジェクトならこのサイトが得意!」ってことですね。

毎日クラファンパトロールしている僕が「3サイトの特徴」をお伝えしますので、あなたがサイトを選ぶ時に参考にしていただけると幸いです。

それではいってみましょう!

 

CAMPFIREはファミリーレストラン

 

僕が一番お世話になっているクラウドファンディングサイトです。

いままで直接携わったプロジェクトの6件中5件がCAMPFIREさんでのチャレンジ。

あえて各社のトップページを紹介させていただくのですが、このトップページに3社の違いが一番浮き出ているので見比べてみてください。

サイトのトップページは人間で言ったら顔見たいなものですからね。

僕がCAMPFIREにもっているイメージは何でも食べられる「ファミリーレストラン」ですね。

▶︎スポーツ系
▶︎ものづくりのプロダクト系
▶︎アイドル系
▶︎動物愛護
▶︎アニメ系

わりとノージャンル的に様々なプロジェクトが軒を連ねています。

誰もがプロジェクトを気軽に立ち上げられる雰囲気を意図的に演出しているのでしょう。

これから紹介するReadyForとMakuake、またそれ以外のクラウドファンディングサイトを一通りみてもらって、どちらもピンとこなかったらCAMPFIREがオススメ。

それだけ懐が深いサイトと言えます。

 

ReadyForの雰囲気は老舗の喫茶店

 

2011年に日本で一番はじめにクラウドファンディングというコンテンツをスタートさせたのがこちらReadyForさん。

僕は1件だけ携わったことがあるので、直接ReadyForの中の人やりとりなどはしたことはありません。

なので、くわしいことは言えませんがReadyForさんのサイトをみての感想などを。

トップページから伝わってくるのは一切の派手さを排除したシンプルな雰囲気。

さすが日本のクラウドファンディングの父……という堅牢さを感じます。

ということもあって、そこに集まっているプロジェクトもわりと「お堅い」内容のものが多い。

人権問題や医療問題、教育問題などに関係性深い、公益性の高いプロジェクトが軒を並べます。

僕がReadyForにもっているイメージは「老舗の喫茶店」というイメージで、場所としては区役所とか市役所とか図書館の近くにある感じ。

スーツにネクタイのサラリーマンで席の7割くらいがいつも埋まっている。

ということで、そんな「お堅い」テーマのプロジェクトであれば、ReadyForとの相性がいいと思います。

 

Makuakeはオシャレなカフェ

 

こちらMakuakeさんは、あのサイバーエージェント社が展開するクラウドファンディングサイト。

ということもあって3社中、サイトデザインが最もオシャレです。

僕自身はMakuakeとは一切に関わったことがありません。

ということで僕の持っているイメージなどをお伝えするだけになってしまいますが、ご了承ください。

何と言ってもその特徴は「プロダクト系」のプロジェクトが多いということ。

こちら8つのプロジェクトがトップページに並んでいますが、すべてが物づくりに関する「プロダクト系」のプロジェクトとなっています。

いわゆる「購入型クラウドファンディング」という仕組みを3社の中で最も体現していると言えるでしょう。

簡単に言うと「まだ世に出回っていない最先端の商品を誰よりも早く手に入れることができる通販サイト」と捉えてもらえるとわかりやすい。

ということで、このようなプロダクト系のプロジェクトを考えている方にはMakuakeをオススメいたします。

 

クラウドファンディングサイト『キャンプファイヤー・ReadyFor・Makuake』3社を比較【あなたにおすすめのサイトがわかります】まとめ

いま、どのクラウドファンディングサイトにしようか悩んでる方に、ひとつ大切なヒントをあーげるっ!!

まずはあなたのプロジェクトに似たプロジェクトを各サイトで探してみてください。

 

例えば「世界中を旅しながら写真集を作りたい」みたいなプロジェクトであれば、世界一周系のプロジェクトをたくさん扱っているサイトはどこか……調べましょう。

また「世界平和を布教する活動の資金を集めたい」みたなプロジェクトであれば、公益性が高いプロジェクトを取り扱っているサイトがいいですよね。

またまた「世界中どこの水も飲めるようになる浄水器をつくりました」というプロジェクトであれば、ものづくり系に強いサイトを選ぶべき。

 

もう、おわかりですよね。

あなたのプロジェクトに似たようなプロジェクトをたくさん取り扱っているサイトであれば、それだけアドバイスやサポートが手厚くなることが予想されます。

この下調べをちゃんとやらなと……

セブンイレブンにファミチキを買いに行く

というミスマッチが起こってしまうので、しっかりと各サイトを下調べすべき。

あなたのプロジェクトにベストマッチなサイトを探し出して、クラウドファンディングを円滑に進めましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら