公式LINEからのご連絡お待ちしております

ジンボラボ 【SNSの活用&YouTubeのことならおまかせ】

ジンボラボ のYouTubeチャンネルはこちら

クラウドファンディングに失敗する思考と成功する思考を比較【おすすめは目的と手段を分け逆算して考えること】

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

銀行強盗って減りましたよね、てかもう全滅したんですか?ジンボラボ 神保貴雄です。

さて、今回は「クラウドファンディングはあくまでも資金調達方法のひとつでしかありませんよー」という内容をお伝えします!

テーマは3つ。

ひとつめ、目的と手段を分けて考えよう

ふたつめ、明確にゴール設定をして逆算して考えよう

みっつめ、クラウドファンディングは通過点に過ぎません

ということなんですが……

このあたりをしっかり押さえておかないとプロジェクトが迷走してしまうのはもちろん、最終的には失敗の2文字があなたに襲いかかります。

ということで、一緒に考えていきましょう!

最近「YouTubeを見ました」という方からのお問い合わせが増えてきました。

ということで、実際にいただいたお問い合わせの内容に答える感じで進めていきます。

そんなわけでかなり実践的な内容になっていると思います。

いますぐ使えるテクニックなので、ぜひ実践してみてくださいね。

ということで、お問い合わせもお待ちしております!

友だち追加

 

目的と手段を分けて考える

先日、アドバイスさせた2件のプロジェクトオーナーさんに同じようなアドバイスをしたんですね。

ひとりはバーをOPENさせたい、もうひとりはネットショップを開設したい……ということでした。

いろいろと話を伺っていると「なんかちょっとちがうなぁ」と違和感を感じました。

なんだろうな、と考えながら話を聞いていると、あることに気付きました。

お二方ともクラウドファンディングを成功させようとしているんですよね。

これはよくありません。

ということで、このようにアドバイスさせていただきました。

クラウドファンディングに成功しても意味がないです

その先に考えている、あなたのビジネスが長続きしなければ何の意味もありません

ここを履き違えている人が多い。

クラウドファンディングに成功する……というのは、あなたが設定した目標金額に支援金が達したということですよね。

もちろん、これがなければ何も始まりません。

でも、クラウドファンディングに成功することって、あくまでも手段ですよね。

本来の目的は

そのあとに考えているビジネスで継続的にビジネスができるようになる

ということですよね。

さきほどの「BARをOPENさせたい」という方であれば

クラウドファンディングで資金調達をしてBARをOPENさせることは手段であり、目的はBARの運営を軌道に乗せて末長くビジネスを展開することですよね。

ネットショップを開設したいという方も同じで

クラウドファンディングで資金調達をしてネットショップをOPENさせることは手段であり、目的はショップを継続的に運営させることですよね。

クラウドファンディングはあくまでも手段であり、目的はそのあとに計画しているビジネスなわけです。

ここを勘違いしてしまうと、すべてがおかしくなってしまいます。

▶︎クラウドファンディングを成功させるためにやること

▶︎本来の目的を達成するためにやること

クラウドファンディングの初期段階からしっかりと「手段と目的」を分けて考えて施策を打つべきです。

 

逆算して考える

そのときの考え方として大切になるのが「逆算」して考えるという思考です。

クラウドファンディングであれば目標として設定した金額に達成することがゴールになります。

まずはゴール設定してから、そのゴールにたどりつくまでの道のりを逆算して考えていきます。

例えば30日の期間内に100万円を集めることが目標だとしたら……

30日目に100万円集めるためには29日目にはいくら集まってないといけないか……

それを踏まえて29日目には、どんなことをしないといけないのか

そのためには28日目には、いくら集まっていて、何をしないといけないか

そのためには27日目には、いくら集まっていて、何をしないといけないか

という感じ。

こんな感じでドンドン遡って考えていけばいいだけなので、それほど難しくはないかと。

クラウドファンディングに成功することは実はそんなに難しいことではありません。

明確なゴールを設定して、そこから逆算して出てきた「やらなければいけないこと」を淡々とやっていくだけで、ほとんどの場合成功すると僕は思っています。

もちろん「やらなければいけないこと」をさぼったりしたら、この限りではありませんが!!

難しいのはもうひとつの、あなたが本当にやりたいこと、本来の目的を達成することですね。

さきほどの実例をもとに説明しますね。

 

クラウドファンディングは通過点に過ぎない

これはさきほどのネットショップを開設したい、という方にしたアドバイスです。

状況としては、そのオーナーさんはSNSをあまりやってこなかったということがひとつ。

もうひとつはなかなか時間もなくて、アカウントをつくったとしても活用できるか不安。

とのことでした。

僕はSNSの中でも実名登録のFacebookはクラウドファンディングと相性がいいですよ

ということを提唱しています。

ということを踏まえ、この方にもFacebookをおすすめしました。

▶︎やったことがない
▶︎活用できるか自信がない

厳しいことを言いますが、これは言い訳です。

クラウドファンディングを成功させるためにSNSは欠かせません。

これはもう揺るぎのない事実なので、どうしようもありませんが、ここで大切なのは

クラウドファンディングに成功してネットショップを開設したあとにも必ずSNSからの発信が必要になる

ということなんですよね。

さきほどから言っているようにクラウドファンディングに成功することは手段であり、目的ではありません。

オーナーさんの目的はネットショップを継続的に運営させることですよね。

それにはSNSからの発信という要素は絶対に必要です。

いまやSNSをなくしてビジネスを語ることはできません。

しかも、ネットショップということであればなおさらですよね。

このあたりを設計するためには根本的な考え方として……

クラウドファンディングは通過点に過ぎない

という視点が必要です。

もちろんクラウドファンディングを成功させることは大切ですよ。

で、なければそのあとに続くビジネスを始めることができないわけですからね。

しかぁーし!!だ!!

それはあくまでも手段であり、最終的な目的はクラウドファンディングを成功させたあとのビジネスを軌道に乗せること。

そのためにはいま何をしないといけないのか……という視点ですね。

これを忘れないように設計していきましょう。

 

クラウドファンディングに失敗する思考と成功する思考を比較【おすすめは目的と手段を分け逆算して考えること】まとめ

ひとつめは「目的と手段を分けて考える」でしたね。

これはクラウドファンディングだけではなく、ありとあらゆるところで使える思考法ですよね。

コツは俯瞰して見ること。

頭を下げているとどうしても足元しか見えません。

そんな時は肩の力を抜いて、頭を少し上げて目線を前に向けてみましょう!

必ずいい考えが浮かびますので。

ふたつめは「逆算」でしたね。

これもめちゃくちゃ大切です。

逆算して考えるクセがつけば、あらゆる場面をスムーズに乗りこなせるようになります。

最初はちょっと難しいと思いますが、なにごとも慣れでっせ!

そしてみっつめ「クラウドファンディングは通過点に過ぎない」ですね。

なんだかんだ言ってもクラウドファンディングって資金調達法のひとつですからね。

「銀行に行ってお金をGETできたらミッション成功!!」とはならないですよね。

って銀行強盗じゃねーんだから。笑

銀行強盗だってお金をGETして逃げるまでが大切なわけじゃないですか。爆

ということで、しっかりと目的と手段を分けて考え、かつ逆算的な思考で臨めば成功するしかありませんよ。

ぜひ、そのお手伝いをさせてくださーい!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら