2012【OSJ八ヶ岳スーパートレイル100km】女神湖の拷問

はて、こっからが本当の試練でした。

とにかく22時の制限時間までに90km地点の女神湖まで行かねばなりません。

大河原のエイドをなんとか出発したものの、左脚のハムストがいうことをききません。

というか両脚もう、痛くて動きません。

ジョグ程度のゆっくりした走りでも、かなりの痛みが走ります。

たまらず「フジオさん、先行って下さい…」と泣き言を言いました。

フジオさんもかなり辛そうでしたが、なんとか前に進んで行きます。

脚のご機嫌を伺いながら走ったり歩いたりを繰り返しますが、なかなか脚君は反応してくれません。

「なにがいけないんだろう…?なにか問題があるはずだ…」と自問自答。ジトウ君(キャプつば)。

「これだっ!!」と、大河原に着く前から使っていたストック!

「こいつがいけないんやっ!!」と、無理矢理ストックのせいにしてみました。

おもむろにストックを折りたたみ、ザックにしまいました。

するとどうでしょう…。

走れるんですっ!(カビラ)。

嘘のように…とまではいきませんが、なんとか走れます。

フジオさんに追いついて、また並走していきます。

制限時間もいよいよ危なくなってきています。

95kmまで残り10kmを切ったあたりのところで遂にフジオさんと離れることになります。

今のうちにハンカチご用意下さい。

私「フジオさんっ!僕、行けるとこまでいってみます!」

フ「わかりました!」

残り時間は1時間切ってました。

残り8kmを1時間以内…。

㌔7分ペースで行かないと間に合いません。

90km地点から㌔7分…ランナーならわかるっしょ!?

しかも登りのロード。

か~な~り厳しい。

83km~90kmまでのラップ。

きっちり横分け㌔7分!マシーン神保♪

途中のスキー場のゲレンデ下りはかなり脚にきましたね~。

ガックンガックンでした。

思わず笑っちゃいましたよ。

僕、笑っちゃいましたよ。

で、ゲレンデを下ると第二関門の女神湖が見えてきました。

「おっし!間に合った!」とガッツポーズを決めた瞬間…。

「女神湖一周してから関門でぇ~す」という係の人の案内に卒倒…。

この戦いからの卒倒…。

死に物狂いで湖を一周!

切ない気持ちを一蹴!

トンチが上手いぜ一休!

制限時間残り10分前くらいに第二関門突破!

「ヒューヒューだよ~♪」

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です