公式LINEからのご連絡お待ちしております

ジンボラボ 【クラウドファンディングのことならおまかせ】

クラウドファンディングの情報が無料で手に入るLINE登録はこちら

購入型クラウドファンディングのリターンづくりで失敗していませんか?何種類つくったらいいの?いくらくらいがいいの?お答えします

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

冬はかなりの確率でタートルネックを着ている、ジンボラボ 神保貴雄です。

さて、今回は購入型クラウドファンディングを始める際には欠かせない「リターン」についてお伝えしていきます。

クラウドファンディングにチャレンジしたいな〜という方が一番、悩むところかもしれませんね。

結論から言うと……

▶︎リターンの種類は5〜10種類がベスト
▶︎5000円から10000円のリターンが一番人気

ということになっております。

この2つについて深掘りしていきますので、それでは早速いってみましょう!

 

リターンはいくつ用意すればいいの?

最初にお伝えした通り5〜10種類は用意すべきだと僕は考えます。

こちらについては有名な「ジャム理論」という実験から紐解いていきましょう。

ジャムとは、あのパンに塗る甘いやつのこと。

あるスーパーマーケットでジャム売り場のジャムの売り上げについて調べました。

売り場に「24種類」のジャムを並べた場合と「6種類のジャム」を並べた場合、どちらがたくさん売れたと思いますか?

消費者としては選択肢が多い方がありがたい気がしますが、そうではないんですね。

実際は6種類の方がたくさん売れたんです。

人間はたくさんの選択肢を与えられると頭がパニック状態に陥り、その選択を避けてしまうという特性があるんだそうです。

あなたも似たような経験がありませんか?

僕は思い当たることがたくさんあります(笑)。

売り上げの数字でいうと6種類の方が24種類より「6倍」ほど多く売れる結果になりました。

これを踏まえて考えるとリターンの種類は5〜10種類ほどがベスト。

ほかの様々なプロジェクトをみても大体それくらいに収まっているものが多いですね。

100年食堂の場合は「6種類11個のリターン」を用意しました。

 

次はどの価格帯のリターンが選ばれやすいか理解しましょう。

大手クラウドファンディングサイトReadyForによると「5.000円〜10.000円」の間のリターンが一番選ばれやすい……とのこと。

僕がいままで携わったいずれのプロジェクトでも、同じような結果となりました。

ということで、このあたりの価格帯のリターンに魅力的な物やサービスを用意することをおすすめいたします。

人気の価格帯がわかったところで次に抑えたいのが「平均支援単価」です。

1件あたりの支援を平均するといくらになるのか……ということですね。

大手のクラウドファンディングサイト「ReadyFor」の平均支援単価が15.356だそうです。

さきほど5000円〜10000万円のリターンが一番たくさん売れるといいました、高単価のリターンが売れればそれだけ平均単価が上がる……ということですね。

クラファンサイト「CAMPFIRE」でチャレンジした100年食堂プロジェクトの場合も226名から221万円の支援をいただいたので、平均支援単価が大体10.000円ということになります。

ほかのサイトの情報をみても、大体これくらいのようです。

で、この数字がわかったところで押さえておきたいのが……

100万円が目標金額であれば、100人から1万円ずつの支援を集める必要がある……ということが、これでわかります。

このあたりを考慮して、あなたのプロジェクトの目標金額の設定もできそうですね。

あなたの周りにあなたに対して1万円を支援してくれる人がどれくらいいるのか……なんとなくイメージできると思いませんか?

もちろん知り合いじゃなくてもプロジェクトの趣旨に賛同して、支援をしれくれる方もいますが、ひとつの目安として考えてみてください。

 

購入型クラウドファンディングのリターンづくりで失敗していませんか?何種類つくったらいいの?いくらくらいがいいの?お答えします まとめ

どのようなリターンを用意するかで購入型クラウドファンディングが成功するか否かが決まる!と言っても過言ではありません。

プロジェクトオーナーとして「魅力的なリターンを用意」するのはもちろんですが、価格設定やどのように宣伝広告するかが腕の見せ所です。

アイディア一つで魅力的なリターンをより魅力的に見せることができるし、そうでないリターンはそれなりに見せることができます(笑)。

活かすも殺すもあなた次第。

▶︎欲しくなるコンテンツ
▶︎心動かす宣伝広告
▶︎求めやすいお値段

リターンの内容を含めトータルでデザインしましょう!

その先には成功しか待っていませんよ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら