公式LINEからのご連絡お待ちしております

ジンボラボ 【SNSの活用&YouTubeのことならおまかせ】

ジンボラボ のYouTubeチャンネルはこちら

クラウドファンディング3社比較【ついつい目を奪われてしまうトップ画像の作り方とは】成功 or 失敗が決まる!

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

中学生の頃からカメラが好きだった、ジンボラボ 神保貴雄です。

さて今回は「トップ画像をつくる際に参考にすべきサイトはMakuake一択!」という内容でお伝えしていきます。

テーマは2つ。

▶︎トップ画像って何?何で大事なの?
▶︎CAMPFIRE・ReadyFor・Makuakeのトップ画像を徹底比較

以上となっております。

トップ画像は本でいうところの「表紙」です。

コンビニの雑誌コーナーを思い出して欲しいのですが、やっぱりパッと目に付く本を手にとってしまうじゃないですか??

クラウドファンディングも同じで、まず手にとってもらう必要があります。

ということで、一緒に考えていきましょう!

プロジェクトを作り込んでいく際には支援が集まっているプロジェクトを参考にするのがセオリーである……と僕は考えています。

その中でも特に大切にして欲しいのがプロジェクトのタイトルと、今回取り上げる「トップ画像」。

何度も言いますがとっても重要です。

ぜひ見比べて欲しいのですが、今回紹介する3社それぞれに個性があります。

結論から言うと参考にする際に、僕がおすすめするのがMakuakeさんなのですが、その理由について解説します。

と、その前にまずは「トップ画像」とは何かについて。

 

トップ画像とは

例の如くCAMPFIREさんを参考にさせていただきます。

パソコン画面だとこんな感じで表示されますし……

スマホだとこんな感じ。

トップ画像はあなたのクラウドファンディングの象徴となるビジュアルです。

一枚の写真と、その中に文字を入れ込むのが通常となっています(文字を入れなくてもOK)。

パソコンではこんな感じで横長にズラリと並びます。

スマホだと、こんな感じに縦長に表示されます。

で、もう一度上の画像をみてもらいたいんですけど、どの画像に一番目がいきますか??

パッとみたときに気になっちゃうやつですね。

この「パッと目につく」というのが、トップページにおいてすごく大事なんですね。

 

トップ画像が何で大事なの?

クラウドファンディングで支援される場合2つのケースがあると考えています。

◾︎ひとつは友人や知人などからの支援

◾︎もうひとつは、クラウドファンディングサイトでたまたま見かけた人からの支援

ひとつづつ深掘りしていきたいのですが……

「友人や知人の支援」の場合は、支援をするときにクラファンサイト内をプロジェクトの名前や商品名などで検索することもあると思います。

で、検索した結果で自分のプロジェクトを「見つけてもらえない」と困っちゃいますよね。

次に「たまたま見かけた人からの支援」について。

こちらはさきほど説明した通り……

こんな感じでプロジェクトがズラリと並んで中で、興味を引くことができれば、そこから支援されるかもしれませんよね。

これで言うと完全に愛内里菜さんのプロジェクトを見ちゃいましたもんね!!

そういうことです。

まとめますと……

▶︎検索の際に見つけてもらうためにわかりやすく
▶︎飛び込みでも支援してもらうために目立つこと

まずはこの2つを頭に入れておきましょう。

 

プロジェクトと画像の雰囲気を合わせる

もうひとつ大事なポイントが……

あなたのプロジェクトの内容とトップ画像の雰囲気を合わせること、ですね。

例えば女性向けビューティーグッズのプロジェクトのトップページをつくる場合で考えいきましょう。

まぁ、こんな感じの画像が妥当なところですよね。

ビューティーグッズですからね、いかに女心をくすぐるかにかかっています。

次は極端な悪い例です。

まちがっても女性のビューティーグッズを扱うプロジェクトでマッチョな男性をトップ画像に使ってはいけません。笑

プロジェクトを始める上であなたも「商品(リターン)を届けたいターゲット」を想定していると思います。

このターゲットと考えている人が興味をもつような画像にしましょう。

そこで参考にしたいのが、各クラウドファンディングサイト。

僕がいつも見ているサイト3社を比べてみました。

対象となるのが……

▶︎CAMPFIRE
▶︎ReadyFor
▶︎Makuake

の3社となります。

既存のプロジェクトはもちろん、終了しているプロジェクトのなかにも優れたトップ画像でたくさんの支援を集めた例がたくさんあります。

こちらをぜひ一枚一枚みて欲しい!!

ということで各社ごとに特徴を説明していきます。

 

CAMPFIRE

いつもCAMPFIREさん贔屓をしている僕ですが、これだけは譲れない!!

正直、言ってあんまりかっこよくありません。

ダサいものも多いです。

多少ダサくてもプロジェクトのコンセプトとリンクしていればいいのですが、そういう感じではないプロジェクトも多い。

あとトップ画像にはよっぽどじゃない限り何かしらの「文字」は入れた方がいいと僕は考えています。

これもないモノが意外と多い。

ただ、CAMPFIREのトップページに出てくるようなプロジェクトのトップ画像は、やっぱり魅力的です。

このあたりはしっかり見てくださいね。

 

ReadyFor

僕の中でReadyForさんは「真面目」というイメージがあります。

その通りトップ画像も割とカチッとしていて真面目で品があるものが多い印象。

ということもありインパクトに欠けるかなという感じ。

こちらもCAMPFIREと同じでトップページに出てくるようなトップ画像のレベルは高いです。

パッとみて目に付くものや、あなたのプロジェクトのコンセプトに近いようなプロジェクトを参考にしましょう。

 

Makuake

はい、文句なし圧倒的一位がMakuakeさんです。

どのプロジェクトのトップ画像も、めちゃくちゃレベルが高い!!

ぜひ一度見ていただきたい。

で、CAMPFIRE と ReadyFor と比べてみて欲しい!!

一目瞭然じゃないですか??

Makuakeさんを使ったことがないのでわかりませんが、多分専門のデザインスタッフさんがいるような気がします。

じゃないと説明がつかないクオリティーです。

写真の質もいいし文字のバランス、色合いとなどもパーフェクト!!

お見事です。

正直、参考にするんであればMakuake一択でOK。

舐めるように見ていただき、あなたのトップ画像に反映させましょう。

 

クラウドファンディング3社比較【ついつい目を奪われてしまうトップ画像ランキング】成功 or 失敗の分かれ道とは

プロジェクトのタイトルとトップ画像は、一番最初にみられるところです。

人間でいう服装や顔などの「見た目」みたいなものです。

見た目がすべてではありませんが、外見だって外すことができない要素。

あなたは身だしなみが整っていない人と、整っている人……どちらと仲良くなりたいですか???

写真に関して言うとプロにお願いするのが無難だと思います。

やっぱり全然ちがいますからね。

相撲は素人とプロの差が最もある競技と言われてますが、カメラにも同じことが言えます。

僕もカメラはやりますが、クラウドファンディングのときはプロにお願いすることにしています。

文字入れに関してもプロにお願いするのがおすすめ。

写真を撮ってもらったカメラマンさんであれば「フォトショップ」や「イラストレーター」というソフトを使えるはずなので、一緒にお願いしましょう。

どんな内容にするのかは、あなたが考えてくださいね。

あとは文字配置のバランスや色などはカメラマンさんと相談して決めましょう。

これで支援の集まるトップ画像のできあがり!!

次はプロジェクト本文ですね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら