fbpx
公式LINEからのご連絡お待ちしております

ジンボラボ 【クラウドファンディングのことならおまかせ】

あなたのクラウドファンディングを成功に導く解説動画はこちら

あぐりぱーく八色【南魚沼】直売所で何が売ってるの?スイカ祭りはいつ?

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

自家製の梅酢で漬け込んだ生姜でこしらえた紅生姜うまかったなぁ……ジンボラボ 神保貴雄です。

僕はわりと料理をつくるのが好きなので、食材にもこだわりがあります。

やっぱり野菜は採れたて新鮮がおいしい!!

逆に肉や魚はとれたてよりも少し時間をおいて寝かせた方がおいしくなるんですよ。

ということで、そんな魚沼地方の採れたて野菜や新鮮な食材がゲットできる施設を紹介。

その名も【あぐりぱーく八色(やいろ)】さん。

地元の生産者がその日にもってきたホヤホヤな食材が集結する大型直売所です。

ということでさっそくいってみましょう!

 

JA魚沼みなみ【あぐりぱーく八色】アクセス&駐車場

JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市

JR浦佐駅から車で5分くらい。

南魚沼グルメマラソンの会場でもある八色の森公園のすぐ隣にある施設。

八色といえば「八色スイカ」が有名ですよね!

毎年、スイカ食べ放題の「スイカまつり」なるものを開催しているのですが……詳細はのちほど。

 

あぐりぱーく八色ってどんなところ?

JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市

平成27年5月につくられた、約200人の農業者が関わる大規模な直売所。

JA魚沼みなみが直営しています。

施設内には直売所のほかにも調理研修室や味噌の加工室なども用意。

JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市

広くて明るい店内には地元の食材がところ狭しと並んでいます。

新潟県はお米だけじゃござーせんっ!!

JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市 JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市

水がきれいなところは何をつくってもハイクオリティーっす!!

越後山々に感謝。

 

南魚沼産コシヒカリ&南魚沼産 新之助

JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市 コシヒカリ

南魚沼 コシヒカリ

とはいえ、お米は外せませんっ!!笑

なんだかんだお米です。

すいませんっ!ちょっと強がりました。

JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市

お餅も本当においしいですから。

トースターで軽く焼いて砂糖としょうゆを混ぜたタレをつけるだけで馬鹿美味です。

 

雪解けは大崎菜と青菜がうまいんだなぁ

大崎菜

大崎菜

大和地区の大崎では雪の重みに耐えた春一番の青菜を「大崎菜」と呼んでブランド化しています。

こちらをいただくと……

春がきたなぁ

と毎年しみじみさせられます。

 

南魚沼の雪下キャベツ&越冬野菜たち

JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市 JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市

越冬野菜といえば十日町市の「雪下にんじん」が有名ですが、にんじんじゃなくても越冬した野菜は旨味が増します。

寒さに耐えるために「糖分」を蓄えるそう。

寒ければ寒いほど甘味が増しますので、雪の下はまさに糖分の発生源!

 

新潟県南魚沼市【あぐりぱーく八色】電話番号・営業時間・定休日

JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市

最寄り駅: 浦佐駅から車で3分
TEL: 025-788-0253
住所: 新潟県南魚沼市浦佐5147-1
営業時間: [1月~4月・12月] 10:00~17:00 [5月~11月] 9:00~18:00 日曜営業
定休日: [1月~4月・12月] 木曜日 [5月~11月] 無休

関連ランキング:その他 | 浦佐駅

 

八色スイカまつりはいつあるの?

毎年7月の終わりから8月のあたまくらいに開催される「八色スイカまつり」の会場になるのもこちら。

おとな500円、こども300円で八色スイカが食べ放題!という鼻血放出なイベント。

スイカ好きな人はぜひ一度、たらふくになるまでスイカを食べてみてください。

胃の中からスイカのタネが芽を出すかもしれませんよー!

 

あぐりぱーく八色【南魚沼】直売所で何が売ってるの?スイカ祭りはいつ?まとめ

JA魚沼みなみ あぐりぱーく八色 南魚沼市

手造り梅干しっ!!

めちゃくちゃ酸っぱそう……。

僕も梅干しを毎年つくっているのでわかりますが、市販の梅干しは梅干しモドキですからね!

こういう気が狂うほどしょっぱくて酸っぱいのが本当の梅干しですから。

これと魚沼産のコシヒカリがあればもう何も要りませんよ。

母さん!おかわりっ!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら