『南魚沼で雑貨と洋服のことならハイネ』写真多めでレポート

さて、今日は南魚沼市六日町にある雑貨屋さん「ハイネ」さんを紹介させていただきます。

ジンボ
いつも、ありがとうございます

ジンボブログを運営している神保貴雄(@minamiounuma)です。

たくさん写真を撮らせていただきましたので、まるでハイネさんにいるかのごとく写真多めでお伝えしていきますね。

女子×雑貨

女性は雑貨好きですよね~。

食品売り場と洋服屋さんと雑貨屋さんの3つが「三大女性が好きな場所」に僕の中で認定されています。

ジンボ
フィーリングさえあえば、半日くらい楽勝でしょ

松山油脂

正直、僕はこういうのよくわかりません!!

なにやら体に良さそうということは、なんとなくわかりますが、くわしいことはまったくもってわからないのでオーナーに聞いてみてくださいね。

オーナー阿部順子さん

ということで、いきなりですがオーナーを紹介します(笑)。

オーナーの阿部順子さんは、もともとは洋服のパターンナーをされていたとのこと。

35年続いていて家業でもある婦人服の専門店「アシカガヤ」さんの一角を借り受ける形でハイネを立ち上げたのが2010年11月。

少しずつハイネの売り場面積を増やし、いまや90%はハイネさんになっています。

ジンボ
僕が初めて伺ったときはまだ50%くらいだったな(笑)

順子さんは3歳のお子さんを育てるママさんでもあります。

ママさん目線の商品

キッズスペースもあるので、ママさんも安心して足を運べます。

ゆったりとした時間の中で、じっくりお買い物がたのしめますよ。

出産祝いにおすすめ

僕も何度か友人の出産祝いを、ハイネさんで都合したことがあります。

性別や予算に合わせて順子さんが見繕ってくれる出産祝いにはずれなし!!

どなたからも喜んでいただけるプレゼントがハイネにあるよ。

作家さんの作品もあります

こちらは「ito.(イト)」さんという編み物作家さんの商品。

ブローチとがま口ですね。

ジンボjr
かわい♡

ちょうど取材で伺った時もイトさんが編み物の講習会を開催していました。

くつしたがいっぱい

なんか僕の勝手なイメージなんですがハイネさんって靴下の取り扱いが充実しているイメージが……。

やっぱり、その通り!!

これからの季節に大活躍しそうな色とりどりのの靴下がいっぱい。

手に取ってみると、わかりますよね、これはいい靴下だって。

健康は食から

こだわりの食品も取り揃えています。

このあたりも順子さんから、しっかりとお話を聞いて、あなたに合った商品を選んでくださいね。

【雑貨と洋服やさん ハイネ】

新潟県南魚沼市六日町2132−1

JR上越線・六日町駅から徒歩6分

10:00~18:30まで営業

日曜定休

クレジットカード使用可

このポップコーンに何度お世話になったことか……。

アパレルも充実

厳選したブランドの洋服が並んでいます。

南魚沼・ファッションブランド『ノコク』

と、思ったら順子さんとさきほど紹介したイトさんとで共同で立ち上げた「ノコク」というブランドの洋服も置いてあります。

「ノコク」の画像検索結果
ジンボ
できる人はなんでもできるんだな~

『まいにちに寄り添う』

今回、あらためてお話を伺わせていただき色んな発見がありました。

そのなかでも心に残っているのが「こだわり過ぎない」という順子さんの言葉。

子育てでも物選びでもなんでもそうですが、こだわり過ぎて最終的に辛くなるのは自分自身なんですよね。

ある程度のこだわりは必要だと僕も、そう思います。

しかし過度なこだわりは自分をがんじがらめにしかねません。

そんな順子さんの目線で選んだ『こだわりの商品』に会いにハイネに行ってみてください。

ハイネさんでしか味わえない空気感……が、そこにあります。

さいごに……

こんなこと言うと怒られちゃうかもですが、ハイネはまさに徹子の部屋ならぬ「順子の部屋」

これからはハイネを人と人とを繋げる場所にしていきたいんだそう。

各種、ワークショップの情報などはホームページまたは……

ハイネの小冊子

毎月ハイネさんが発行している小冊子をご覧ください。

順子の部屋から生まれた新たな出会いが、大きなうねりをつくりそうですね!

ジンボ
僕も参加してみたいワークショップを見つけたので行ってみよっと♪