【はじめての競輪】弥彦競輪場でいきなり当てちゃいました!

僕はギャンブルをしません。

語れば長くなるので割愛しますが、僕はギャンブルはしません。

そんな僕ですが「競輪」を嗜んできました(笑)。

どうも、弥彦競輪場でビギナーズラックを使い果たしてきた、ジンボブログの神保貴雄(@minamiounuma)だニャン。

弥彦競輪場

新潟県弥彦村にあります『弥彦競輪場』に遊びに行ってきました。

生憎の雨の中……。

まずは弥彦神社にて必勝祈願!

競輪場のすぐ隣が競輪場なんですよ。

ジンボ
これは僕も知らなかったな~

おみくじを引いたら「大吉」が出たので幸先良し!

歩いて5分

いや、本当に目と鼻の先に競輪場があります。

ジンボ
参拝ついでに車券を買う!

そんな方も実は多いんじゃないでしょうか。

ちなみに「競馬=馬券」、「競輪=車券」、「競艇=舟券」です。

マークシートで車券購入

車券を購入するときは「投票カード」に購入したい車券を、マークシート方式でチェックを入れます。

詳しいことはよくわからないので(笑)競輪に学ぶウルトラ恋愛テクニック vol.3 あなたの彼はおいくら万円?こちらの函館競輪の記事を読んでみてください。

このときも気合と根性と勘で車券を購入しました。

とりあえず300円の車検を二枚購入

知らないおっちゃん達に教えてもらいながら、なんとか車券を購入。

購入する時も投票カードを機械に通すだけなので超簡単。

のちにこれがとんでもないことに!!

発売締め切り

スタート3分くらい前になると車券の発売が締め切られます。

競輪選手

それに合わせて選手のみなさんがバンクと呼ばれる競輪場のコースに出てきました。

雨の中、ごくろうさまです!

しかし太ももの筋肉が発達し過ぎ。

ジンボ
聞きしに勝る大腿四頭筋でした

雨の競輪場

はじめての競輪が土砂降りという(笑)。

選手たちは滑って転ばないのだろうか……。

前走の人

競輪のルールっておもしろい。

まず選手以外の人が「前走」として走るんですよね。

こちらは『先頭員(せんとういん)』と呼ばれる役で風除けのために走るそうです。

競走選手が風圧により不利にならないよう、先頭員が風除けとなり規定の位置まで先頭を走ります。

レースガイド

知らんかったて。

ちょっと調べてから行けばよかったワン!

ドキドキスタート!

そうこうするうちにスタートしました。

スタートの動画がこちら。

独特の緊張感とスタートの号音が結構あっさりめなのが面白い。

モニターでも観戦できます

初心者過ぎてなにがなんだかわからないので、とりあえずモニターで自分が買った選手をチェックします。

飛ばせ!声援!!

自分が買った選手の名前を叫びましょう。

孫悟空

大野ぉぉぉ!!

赤塚ぁぁぁ!!

周りのおじさん達も、ここぞとばかりに大声で叫んでいました。

このあたりが競輪の醍醐味ということにしておきましょう(笑)。

ビギナーズラック!!

僕の叫びが通じたのか、おみくじで大吉を引いたからなのか!!

いきなり獲っちゃいました!!

もってる男は違うわよ。

ということで「初めての当たり車券」を握りしめ精算機へ!!

ジンボ
テンション上がるぅ

換金してみた

ちなみに倍率が12倍くらいだったかな。

300円が3600円くらいになりました。

と、この売り上げの大半を次のレースに突っ込み玉砕(笑)。

ジンボ親子
ありがとうございました~!!

じんぼのまとめ

すごい独特な雰囲気で楽しかったですよ。

弥彦神社に訪れた際には、ちょっと遊んで行くのもおすすめ。

ちなみに入場料とかはかかりませんので!

次は競馬場に行ってみたいな~。

でも僕はギャンブルやりません(笑)。

1 個のコメント