「ホームページを見ました」でお問い合わせください

あなたの街の広告代理店

ジンボラボの動画はこちらをクリック

パーティーで喜ばれるチャーシューをつくるための3つのコツ

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
月間60000PVの当ホームページを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域の情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM撮影・ホームページやSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。 くわしくは090-7715-3329までお電話か、jinbo@sky.plala.or.jpまでメールお待ちしています。
詳しいプロフィールはこちら

ど~も、ど~も、チャーシューマンこと神保貴雄(@minamiuonuma)です。

僕の人生の命題はチャーシューを作ること…。

と、言っても過言ではない。

友人に知人にも幾度となく振る舞ったことがありますがいずれも好評を頂いています。

(自慢)

ジンボ

今日はそのレシピを大公開!!

2014-12-14 15.49.10
まずはチャーシューを焼きます。
焼いて余分な脂分をとります。

ペーパーなどでにじみ出てきた脂を吸い取りながら焼いていきます。

にんにくも一緒に、香りがでます。

2014-12-14 15.54.11

ある程度、焼き色がついたら水を足して煮込んでいくのですが…。

その時、ありとあらゆるご家庭にある野菜とかなんだとかを鍋にぶちこんじゃってください。

で、煮ます

ジンボ

しょうゆ、めんつゆ、塩コショウ、みりん、ダシの素、えとせとら。

2014-12-14 15.56.52

あとはひたすら煮ます

チャーシューの天地を返すのも忘れないようにしてください。

画像はかなりの強火な雰囲気ですが中火位にしておきしょう。

2014-12-14 16.45.08

いい香りがしてきました

トロトロ感が伝わりますかね。

このくらい煮詰まったら完成です。

2014-12-14 17.46.11
あとはカラシでもつけてビールで流し込んじゃってください!

残ったタレも瓶に詰めて保存しておけば、カップラーメンなどに少しいれるだけで本格的なスープになりますよ。

チャーハン作るときも隠し味に使えます。

ということでまとめ…

① 安い豚肉でもOK!

② 最初に焼いて脂を落とす

③ありとあらゆる野菜と煮込む

もう、ホントこれだけです。

各種パーティの大皿料理にもぴったり!

ジンボ

是非、作ってみてください。

わからないところがありましたら…

クックパッドで<検索> (笑)。

フォローしてもらえると、できたてホヤホヤの記事があなたのもとへ!

この記事を書いている人 - WRITER -
月間60000PVの当ホームページを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域の情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM撮影・ホームページやSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。 くわしくは090-7715-3329までお電話か、jinbo@sky.plala.or.jpまでメールお待ちしています。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 新潟県の広告代理店『ジンボラボ』 , 2014 All Rights Reserved.