公式LINEからのご連絡お待ちしております

ジンボラボ 【クラウドファンディングのことならおまかせ】

あなたのクラウドファンディングを成功に導く解説動画はこちら

売り上げの半分以上がInstagram経由!アパレルブランドから学ぶ投稿術

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

ファンファン大佐がひどく懐かしい、ジンボラボ 神保貴雄です。

さて、前回の投稿ではFacebookの投稿内容を4パターンに分類して、戦略立てて投稿をしていきましょう!ということをお伝えさせていただきました。

まだの方はまずはこちらを読んでみてください。

今回はその4パータンの投稿を実例をもとにじっくりと解説していきます。

僕の古くからの友人が「STARTLINE」というランニング関係のアパレルブランドを展開中。

このSTARTLINEのInstagramがめっちゃすごいくて、フォロワーが1300人近くいるのも納得できるクオリティー。

売り上げの半分以上がInstagram経由とも聞いています。

ということで、そんなイケてるアパレルブランドのInstagramの投稿を4つのパターンから紐解いて参ります。

FacebookとInstagramでは操作の違いなどはありますが、基本的な考え方は何も変わらないので問題ありません。

早速いってみましょう!

created by Rinker
技術評論社
¥1,738 (2019/11/19 19:45:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥950 (2019/11/19 18:51:26時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの書籍もメッチャ参考になりますのでぜひ。

この記事もかなりインスパイアされております。

 

SNS投稿の4つのタイプとは?

●売り込み宣伝タイプの投稿
●遠回し宣伝タイプの投稿
●小ネタ提供タイプの投稿
●プライベートちら見せタイプの投稿

これら4つのタイプを巧みに組み合わせて集客に繋げていきましょう。

どのように戦略立てて投稿していくのか、ひとつずつ実例とともに解説していきます。

 

売り込み宣伝タイプの投稿(10%)

こちらはおわかりの通り「新商品の告知」という内容ですよね。

オンラインストアへどうぞ!

的な感じでかなり営業感、強めな感じ。

こういう内容は下手にオブラートに包むより、わかりやすいキレイな写真を添えて堂々と発信した方がいいです。

ただ、やっぱりこういう投稿ばかりになってしまうと飽きられてしまいますので、全体の10%くらいをイメージするといいですね。

 

遠回し宣伝タイプの投稿(40%)

こちらは「中の人(オーナー)」が参加した大会についての投稿。

中の人もランナーなんですよ!

と、遠回しにアピールしてます。

ランニングウェアのアパレルならやっぱりブランドの中の人もランナーである方が説得力が増しますもんね。

こんな感じの内容であれば営業的な雰囲気もほとんどしないし、見ている方も飽きません。

全体の40%を意識して、積み上げていきましょう。

 

小ネタ提供タイプの投稿(40%)

この投稿では「LINE公式アカウント開設」というファンにとっては、お得な情報をゲットできるチャンスについてお知らせをしています。

○LINE友だち限定、現在生産中の新作先行販売権🎫
○新作、再入荷情報のお知らせ📢
○商品や売り切れ品の再入荷情報などの気軽なお問い合わせとしての活用💬
○「#新しいスタートライン 」ハッシュタグプレゼントキャンペーン優先当選権💳
○「早くランパン作れよ」などの、こんなアイテム作って欲しいというご要望(笑)🎽

STARTLINE公式Instagramより

このようにLINEに登録すると「こんな感じの情報を受け取れますよ〜」と具体的に表記しているのも上手い。

とはいえ営業感もさほど感じられず嫌味がない。

あとは……

▶︎Tシャツの素材を紹介する
▶︎デザインするときの裏話
▶︎ランパンができるまで

みたいなファンが喜びそうな小ネタを挟んでいくと喜ばれることが予想されます。

視点を変えればアイディアがどんどん出てくると思うので、投稿割合40%を目指していきましょう!

 

プライベートちら見せタイプの投稿(10%)

この投稿も秀逸。

ほどよいチラ見せ感がファンの心をくすぐります。

と、同時にブランド名「STARTLINE」をオブラートに包んで刷り込む作業。

▶︎こども
▶︎ペット
▶︎スイーツ(料理)

このあたりはまちがく反応がとれる鉄板コンテンツ!!

テストに出すぞぉ。

投稿割合10%を意識しつつ、ブランドイメージを大切にして発信できるといいですよね。

 

売り上げの半分以上がInstagram経由!アパレルブランドから学ぶ投稿術 まとめ

ちなみに僕もSTARTLINEのモデル??として登場しております。笑

この記事を書いてて思ったのは……

どうやったらファンに喜んでもらえるのか

これを追求していけば、自ずと反応がとれる投稿ができるようになる!と確信できました。

▶︎買って欲しい
▶︎来店して欲しい
▶︎お金を落として欲しい

こういうマインドと折り合いをつけながら、ファンにどうアピールしていくが大切。

奥が深いけど、やっぱりおもしろいなぁ。

created by Rinker
技術評論社
¥1,738 (2019/11/19 19:45:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥950 (2019/11/19 18:51:26時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの書籍もメッチャ参考になりますのでぜひ。

この記事でもかなりインスパイアされております。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら