羽生善治棋士の名言から学ぶ『2017長野マラソンへの意気込み』

勝ち負けには
もちろんこだわるんですが
大切なのは過程です。

結果だけなら
ジャンケンでいい。

-羽生善治

最近知ったのですが…いい言葉ですよね。

羽生善治さんはご存知でしょうか?

「羽生善治」の画像検索結果

http://pinky-media.jp/I0005141

 

まぶし過ぎるぜ!その笑顔(^0^)

将棋界のレジェンド中のレジェンド…ミスター将棋と言っても過言ではありません。

僕はむかしから羽生さんの考え方や思考法が好きで、羽生さんの著書も何冊か読ませていただいています。

将棋の本というよりは『羽生流の生き方』を教えてくれる指南書という感じ。

「将棋」の画像検索結果

http://www.shogi-rule.com/%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%81%AE%E9%A7%92%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9/%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%81%AE%E9%A7%92%E3%81%AE%E5%88%9D%E6%9C%9F%E9%85%8D%E7%BD%AE.html

 

将棋、打てますか?

将棋って奥が深いですよね~。

僕が初めて将棋を覚えたのが小学校の中学年くらいだったでしょうか?

近所に住む同じ学年の友人に教えてもらったのを覚えています。

その教えてもらった友人に何度も戦いを挑んだのですが、まったく歯が立たなくて悔しい思いをしたのがいまでも忘れられません。

「ハチワンダイバー」の画像検索結果

https://www.amazon.co.jp/dp/B009LHBZL6/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

柴田ヨクサル 

おとなになってから将棋をすることは、ほとんどなくなりましたが「ハチワンダイバー」という漫画に出合い、ひさしぶりに将棋と触れ合うことができました。

まぁ、漫画を通してですが(笑)。

かなり風変わりな将棋漫画ですが、おすすめです。

ハチャメチャです✊

勝ち負けには
もちろんこだわるんですが
大切なのは過程です。

結果だけなら
ジャンケンでいい。

-羽生善治

で、最初のこの言葉に戻ります

長野マラソンを控え、この言葉が胸の鐘を鳴らすわけです。

完走するのはもちろん大切な目標ですが、走り切ってしまえばそれは「結果」に過ぎません。

成績(タイム)にもこだわりたいですが、その過程にもこだわりたいですよね。

レースまでのトレーニングもそうだし、どのような気持ちで大会に臨むのか…。

「過程にもこだわる」

NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」に出てきそうな言葉ですね。

スガシカオがいまにも歌いだしそうですね(笑)。

「将棋」の画像検索結果

https://camp-fire.jp/projects/view/5923

 

マラソン=将棋??

前から思っていたのですが、マラソンと将棋って似てるところがあると思うんですよね。

 自分の持ち駒(からだ)を使い、戦術・戦略を立てて盤上(コース)を動き回る…。

大きな違いは将棋には「相手」がいることですが、最終的には自分との闘いですよね。

相手は変えられません。

持ち駒とおのれの頭脳をフルに使っていかに効率的にミッションをこなしていくかが鍵をにぎるわけです。

ん~深いわぁ~。

ということで決戦まで、あと5日

気合を入れ直していきたいと思います。

 

~じんぼのまとめ~

何でもランニングに例える悪いクセがでましたね(笑)

でも、将棋とランニングをしたことある方ならなんとなくわかるはず!!

よしっ!!誰か、僕と一局指しませんか✊

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です