「神保、募金はじめたってよ」僕が募金をする理由

「じんぼぼきん」はじめたってよ。

ただ、この響きに誘われて募金に関しての記事を書いてみようと試みている、ど~も、ど~も、ど~も神保貴雄(@minamiuonuma)です。

最後まで読む、用意はいいですか(ニヤリ)。

ボキン

あなたは「募金」についてどんなイメージがありますか??

正直いいイメージがない…というか、「進んで募金してます!」という気合の入った人の話はあんまり聞いたことがありません。

(僕調べ)

コンビニでお釣りをもらったらレジの脇にある募金箱に必ずいくらか入れるよ~って人います??

または駅前とかで「募金お願いしま~す!」と呼びかけているところに行って募金する人って何人くらいいますかね??

ど~なんだろうな~?10人に2~3人くらいなのかな~。

ジンボ
(僕調べ)

ちょっと確かな数字はわかりませんが「しない人」の方が多いような気がします。

(ちなみに僕は年に2回くらい気が向いた時にチャリンとします)

あなたもそう思いませんか??

お金のコイン現金ファイナンスビジネスペンの紙のオブジェクトオフィスデスク

できるのにしてこなかったこと

別にね、これを読んで「あなたも僕と一緒に募金しましょー!!」という話ではありません。

なんで、いままで僕は募金なるものをしないで過ごしてきたか…ということ真面目に考えたことがなかったな…ってね。

だってそうじゃないですか??

財布の中に一円もない人はしたくても募金できないわけですから。

財布に募金できるくいの、お金があるのに『してこなかった』ということは、そこに僕なりのなにか考えがあってのこと。

ただ、なんとなくしてこなかった…という理由でこれからもそれを継続していくのは、なにかつまらない。

そーなのです。

だから、ちょっと意識して募金をしてみることにしました。

腕のレスリングお金の賭けギャンブルの手の男性強さのテーブル

小さなチャレンジの積み重ね

なんでもそうですけど、とりあえずやってみないとね。

やってみてどうなるか…

やってみてどんな気持ちになるか…観察してみたいと思います。

正直、目に見えてなにか変化があるとは考えにくいですが、そういうところにこそ気を遣ってみるのもおもしろそうだなと。

とにかくいままで避けてきたことや、イヤだな~って思っていたことから、やってみよう!ってね。

だから「募金」じゃなくてもなんでもいいんですけどね。

とりあえず、思いついたのが募金というだけで。

簡単?ですぐにできるところからチャレンジしていこう!と心に決めています。

小さなチャレンジが、いつか大きなチャレンジの原動力になるとは思いませんか??

人の女の子だけで笑顔幸せな植物緑の葉眼鏡アジア

僕に指令を与えてください!

あとは他になにがありますかね~?

あんまり人が好き好んでやってなくて、かつすぐにできそうなこと…って。

ジンボ

『河川敷の草刈り』

『トイレ掃除』

 なんだ~全然、思いつきません!!

どなたかアイディアがあったら僕に教えてください。

本人至って真面目です(笑)。

三人寄れば文殊の知恵、よろしくお願いいたします

~じんぼのまとめ~

 募金して、その「見返り」って普通、求めないじゃないですか?

『僕がこうしたから、あなたもこうしなければならない(こうして欲しい)』

こういう「見返り」的な考えってなんか、かっこわるいと思うんですよね。

まぁ僕の主観ですけど。

 まずはできるところから!!