『第二回ウエスギカゲカップ』開催しました!!

ど~も、神保貴雄(@minamiounuma)です。

この「ど~も」という入り方が軽すぎだと嫁さんに注意を受けた神保貴雄です(笑)。

お笑いコンビ麒麟の掴みネタ「キリンです」みたいなモンだからと説明した神保貴雄です!

さて「第二回ウエスギカゲカップ(UKC)」を開催しました。

一回目が2017年5月14日だったので、約半年ぶりの開催。

ランナー30名、スタッフ25名と今回から新設された「こどもの部」に15名のキッズが参加してくれました。

総勢70名か……なかなかじゃないか、フグ田くん。

※ウエスギカゲカップってなに?という方にまず読んでいただきたい記事※

坂戸山で開催する『トレイルリレー大会』のコースについて

「スタッフ宣誓?なんじゃそりゃ!?」UKC開会式のようす

【選手必読】秘蔵写真と映像でウエスギカゲカップをプレイバック

ご挨拶

一応、実行委員長として開会の挨拶をさせていただきましたが、挨拶下手だよね~。

そういうこともあって改めまして、みなさまに感謝の気持ちを込めてこの記事を書きます。

この稲刈り真っ最中の期間にたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます。

村上市、新潟市、魚沼市、遥かは富山県、東京都からお迎えすることができました。

こどもの部にも15名!僕の思っていた3倍くらのキッズに集まっていただくことができました。

至らないところもあったと思いますが、次回の開催に向けて調整を加えながら動き出そうと思います。

 

まぁ、堅苦しい挨拶はこれくらいにして……。

当日のようすですね。

天気は快晴

晴れ時々ドローンという感じで、今回もドローンぶっ飛ばしましたよ。

「Hype(ハイプ)」の星野隼人くんに撮影いただきました。

ハイプのイカしたホームページはこちらをポチ!

カメラマンはヒロスイ写真館

いまをときめくカメラマンと言えば「ヒロスイ写真館」の酒井大(ひろし)くんでしょ。

彼とは20年来の付き合いで自宅を行き来するほどの仲良し。

新潟県内を所狭しと駆け巡って日々、お忙しいとのこと。

ヒロスイ写真館のフェイスブックページはこちらをポチッ!

7:30、スタッフ集合

さすがに朝は秋の気配たっぷり、日陰だとかなり寒かったです。

この日のために作った坂戸山ラ部の特製長袖Tシャツ役に立ちました。

スタッフはお揃いだよ

こんな感じでみんなお揃いで選手のみなさまをサポートさせていただきました。

欲しい方は4320円(税込み)で販売いたしますので、ご連絡くださいね。

お揃いだと結束力が生まれるし、テンション上がるんですよね。

こどもの部

1.4kmのコースを15名のこどもたちが走り切りました。

こどもの部は今回、初開催……ということで、どうなるかドキドキでしたが、みんな楽しそうに走ってくれていました。

走り終わったあとには、ご褒美のおやつの詰め合わせ。

次からはもっと豪華にしますね!!

ちなみに参加料は500円でした。

「表彰式はしないんですか?」と聞かれたのですが、ど~なんだろうな~。

きっと表彰されるのは表彰されたことがある子ばかりになりそうなので、表彰するのはなんか僕のイメージと違うんだよな。

このあたりは意見が分かれるところかもしれませんが、僕的には「みんな走ってみんな偉い!おめでとー!!」という感じでいいかなと……。

あっ!でも、こどもたち全員で集合写真撮ればよかった。

まつえんどんのベーグル

スタッフのために昼食を用意しました。

六日町で農家レストランを営んでいる「三輪農園・まつえんどん」さん。

ベーグルとおにぎりを配達していただきました。

米粉のベーグルが絶品なのでぜひ。

RUNBAKAも参戦!

我らがRUNBAKAからも二名参加。

笠原智彦はこどもたちを連れてきてくれて、こどもの部に出てくれたし、大人の部には夫婦で参加してくれました。

関口力雄は来週100マイルに挑戦します!

遅れてきたカツ

遅れて一名、賑やかしに登場!!

カツは一周だけでかなりへばってました(笑)。

まとめ

細かい内容についてはヒロスイ写真館さんから写真が届いたらにしようかな。

僕がイベントを開催する時に大切にしている3つのポイントにも書きましたが、イベンってイベント当日も大事ですけど、段取り9割で実は準備が大切なんです。

ここを間違えてしまうと取り返しのつかないことになりかねません。

イベント当日までの道のりもまたイベントを形作る大切な要素なんです。

「イベント当日」はパズルの最後の1ピースみたいなものですよね。

それと今回、嬉しかったことがいくつかあったのですが、スタッフの方々がそれぞれ頼んでもいないのに用意をしてくれていました。

ある人はお菓子を持参してくれたり、鳴り物を用意してくれたり、コスプレを用意してくれたり(笑)。

こういうのを見ると主催者としてはテンション上がりますね!

自分一人では本当になにもできない……とイベントを開催するたびにつくづく思い知らされます。

走ってくれたみなさん、ボランティアスタッフ、実行委員のみんなに改めて感謝。

次の大きなイベントは12/23(土)に開催する毎年恒例『坂戸山ラ部・大忘年会』ですね。

会場の金誠館さんは、もう押さえました!!

予定空けておいてもらえると嬉しいです。