南魚沼唯一のあなたの街の広告代理店

【対話の学校】メルマガ登録はこちら

【エレファントシンドローム】から解き放たれる唯一無二の方法

2017/09/29
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
ど~も、神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域の情報などを発信中! ジンボラボでは中小企業のSNSを利用した宣伝広告などをサポートしています。 くわしくは090-7715-3329まで電話か、jinbo@sky.plala.or.jpまでメールお待ちしています。
詳しいプロフィールはこちら

ど~も、ど~も、ど~も、象さんのスキャンティーこと神保貴雄(@minamiuonuma)です。

かの有名なエレファントシンドロームについて。

まずはエレファントシンドロームとは…あなたの心の中にある杭ってなに?」こちらからどう象…(笑)。

こちらを補足する感じの内容で進めていきますね。

結論からいうと…

誰もその杭を引っこ抜いてはくれないし、縄を切ってもくれない

ジンボ

ということなのです、悲しいかな。

この杭と縄から解き放たれたいと思ったら自分でなんとかするしかありません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

8a06a20de63baba87d35675f5d25f0e5_s

諦めたらそこで終了ですよ

安西先生

いろんな方法があると思いますが、私が提案するのは『トライ&エラー』というタネも仕掛けもない方法です(笑)

とりあえずやってみる、不具合がでたら修正する。

ひたすらにそれを繰り返す…

この世に失敗はない…あきらめなければ

ジンボjr

という言葉がある通り「もうダメだ…」と、あきらめてやめてしまってはじめて失敗が失敗になるわけです。

自転車に乗る練習をしていて転んでしまうのは失敗ではなく、練習そのものをやめてしまうのが『失敗』である…ということです。

b8de9499f1327814254eaee0d255b773_s

考える前に動く

私自身、頭からケムリが出るほど考える前に行動してみることにしています。

上手くいかなかったら修正をしてまた動く。

キーワードは『トライ&エラー』

本読んだり人からアドバイスをもらってヒントを得ることはありますが、結局行動して実行していくのは自分自身です。

最初の話に戻りますが…

「誰もその杭を引っこ抜いてはくれないし、縄を切ってもくれない」ということです。

エレファントシンドローム 脱出

サバンナの象です

もし、あなたがイラストの象のように杭をぶっ壊して大草原を旅してみたい!と思うならトライ&エラーという方法を強くおすすめいたします。

一緒に美味しい牧草を食べて、一緒に天然の水場で水浴びをしましょう!!(笑)

ジンボ

さいごに……

まずは自分の足に縄がついてないか確認してみてください。

もし縄がついていたら、その先に杭がないかも見てましょう。

もしなにか付いているようでしたら、ご一報ください!!

この記事を書いている人 - WRITER -
ど~も、神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域の情報などを発信中! ジンボラボでは中小企業のSNSを利用した宣伝広告などをサポートしています。 くわしくは090-7715-3329まで電話か、jinbo@sky.plala.or.jpまでメールお待ちしています。
詳しいプロフィールはこちら




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ジンボラボ公式ホームページ , 2017 All Rights Reserved.