「ゴールが勝手に近づいてくる方法、教えます」歩幅とマラソンの関係

「ランニングクリニック~体幹編~」お馴染み南魚沼市のヨガスタジオ『SPACE』さんにて開催しました。

写真に写ってない方を含め10名のランナーの方に参加頂きました。

今回は体幹…ということでちょっと難しい課題でしたが楽しみながら学んでいただけたようです。

2015-02-19 19.56.03

<受講者の声>

「今回もわかりやすい講習ありがとうございました
また次回も参加したいです」

T.Kさん 男性 20代

「前回同様わかりやすい説明
ありがとうございました」

小林亜紀子さん 

「憶えるのが遅くてすいません
ありがとうございました」

米山幸治さん

「久々に体を動かしました。
ゆっくりなのに体に効きました。
笑いもあり楽しかったです。
またよろしくお願いします」

A.Iさん 女性

「ためになるお話をありがとうございます。
次回も参加したいのでよろしくお願いします」

大平直樹さん

「実技をまじえてのお話でわかりやすかったです。
少人数制でとてもありがたいです」

井上佳恵さん

「また来ます」

小川哲也さん

「体幹の使い方、イメージ、とてもわかりやすかったです。
練習して使えるようになりたいと思います」

諸橋由香里さん

2015-02-19 20.37.06

ありがとうございます

ありがとうございます( ^ω^ )

ランクリ体幹編の中で、おはなしした内容をちょっとだけ…

【歩幅とフルマラソンの関係】

歩幅が増すことで得られるメリットについて考えてみました。

身長×0.65で走行時の歩幅がでます。

そこから計算すると…

170cmの方で110cm
160cmの方で104cm
150cmの方で97.5cm

計算しやすいように100cmで計算します。

フルマラソンに換算してみましょう。
フルマラソンでの歩数は40000弱とのこと。

わかりやすく40000歩として計算してみました。

そこから弾き出すと歩幅が…

1cm増えると400m

2cm増えると800m

3cm増えると1.2km

4cm増えると1.6km

5cm増えると2km

ゴールが近づく計算になります。

わかりますかね。

マラソンというのは一歩一歩の積み重ねです。
チリも積もれば山となる…というわけ。

体幹を使うことで歩幅が広がり前に進む力が増すんですね。

2015-02-19 20.38.44
そのために必要なトレーニング方法をご提案させていただきました。

ランクリではランニングフォームを指導するのではなく、よりよりフォームになるために必要なトレーニング方法をお伝えしています。

ここがとっても重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です