「ホームページを見ました」でお問い合わせください

ジンボラボ 【クラウドファンディングのことならおまかせ】

あなたのクラウドファンディングを成功に導く解説動画はこちら

店舗さんへ…SNSに何を投稿したらいいか、わからない時に読んで下さい

WRITER
 




この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら

FacebookやInstagramの集客アドバイザーとしても活動している、ジンボラボ の神保貴雄です。

SNSの取り扱いに困っていませんか?

アカウントを作ってみたはいいものの、完全に思考停止していませんか?

しばらくログインもしてないんじゃないですか?

そんなあなたに朗報です(笑)。

これを読んだ5分後にはログインして、すてきな投稿がふたつくらい出来上がりますよっ!

騙されたと思って読んでみてね。

今回のポイントは3つ。

  • なぜ桝太一は変わらないのか?
  • ということでSNSは毎日投稿が基本
  • 何を投稿したらいいのかわからないあなたへ
  • Facebookの予約投稿は使えます
  • 何を言ったかではなく、誰が言ったかが重要

ということで、早速いってみましょう!

 

朝のニュース番組は、どこ派ですか??

ウチはめったなことがない限り「ZIP」を観ています。 

メインキャスターはご存知「桝太一」アナウンサー。

2011年の放送開始から升さんが務めています。

先日、スタートして2000回放送を祝ってましたね。

いま2019年ですから8年もの間、メイン司会者なわけです。

ZIPに関わらず、ほかの番組(チャンネル)でもメインとなる司会者は1年や2年ではなく、5年〜10年と司会を務めるのが当たり前になっているのはわかりますよね。

夏目三久さんしかり、羽鳥アナウンサーしかり、軽部さんしかり。

 

 なぜメインキャスター変わらない?

俳優さんやお笑い芸人さんは、次から次へと新しい人が出てくるのに……です。 

チャンネルをひねれば、どこかしらに初めてみる人がいますよね。

なんでだと思います?

これは「扱っている商品」が違うから。

役者さんや芸人さんは主に「エンターテイメント」を商品として取り扱ってますよね。

エンターテイメントは新鮮さが重要視され、目まぐるしくサイクルが巡ることで需要と供給のバランスがとれるわけです。

ゆうなればコンビニエンスストアみたいなものです。

コンビニに1ヶ月行かなければ、その間にドンドン商品が入れ替わります。

そうすることで、消費者(視聴者)の需要を刺激し視聴率が上がるわけです。 

反対にニュースや報道番組などは取り扱っているニュースや情報は「新しくないと」需要はないのですが、それを読む人(伝える人)は「古い」方がいいんです。 

なぜでしょうか。

例えば毎朝、メインキャスターが変わる番組があったとします。

月曜日は桝アナ、火曜日は徳光さん、水曜日は福澤さん、木曜日は福留さん、金曜日はサンコンさん(笑)

毎日毎朝、メインキャスターが変わるニュース番組の情報にどうやっても「信憑性」は生まれませんよね。

毎朝、決まった時間に同じ人が読んでくれるニュースに視聴者は信用を寄せるんです。

「なるほど〜」って。

ときに命に関わる情報もありますからね。

だからニュース番組のメインキャスターはコロコロと変わらないんです。

 

 SNSは毎日投稿が基本な理由

SNSから発信される情報にも同じことが言えますよね。

気まぐれに思いついた時にしか発信しない店舗

毎日、決まった時間に発信する店舗

どちらから発信された情報に信憑性を感じますか?

僕は後者っす。

 

気まぐれに思いついた時にしか発信しないお店

毎日、決まった時間に発信するお店

どちらで食事をしたいと思いますか?どちらのお店で商品を買おうと思いますか?

後者の方がサービスも良さそうだし、買った後のメンテナンスも丁寧そうじゃないですか?

 

そこまで考える人はいないかもしれませんが、意外とそういうのって伝わるもんですよ。

サブリミナル的にも記憶に焼きつきますしね。

ちゃんとやるなら、しっかり毎日投稿が基本中の基本。

 

SNSにどんな投稿をしたらいいかわからないあなたへ

仕事柄、店舗さんにSNSのアドバイスをすることがあるのですが、そんなときによく言われるのが……

なにを投稿したらいいのかわからない

です。

結論から言うと「なんでも投稿してOK」。

ひとつ付け加えるなら、見ている人の気分を害さない内容であれば「なんでもOK」です。

例えば飲食店さんの場合、おすすめのメニューを写真付きで投稿するとします。

メニューを用意する

その写真を撮る

簡単な文章を考える

という手順を踏むわけですが、そこまできたら投稿しましょうよ!

ということを声を大にして言いたい!

ここまで手順を踏んどいて「これ投稿しようか……どうしようか……」と悩む必要あります??

その悩む時間があったら、もうひとつ投稿しちゃいましょう。

 

1日に何度も投稿を連投するのはよくない??

確かにそうですよね、何度も投稿すると「うざい」って思われかねません。

そんなときにはこちらっ!!

そんな、あなたのためにフェイスブックページには「予約投稿」という機能があります。

僕が動画にて、その方法をじっくり説明しております。

悩んでいる時間があったら、この動画を参考にして明日の投稿を予約してください。

で、上手いこと「1日1投稿」にしちゃってください!

これ意外と知らない人が多いかもしれませんが、SNS経由で注文や予約も入りますからね。

そんな事例を僕はたくさん見てきたし、知ってます。

諦めたら、そこで試合終了ですよ!!

 

最初の話に無理やり戻しますが(笑)

桝太一アナウンサーのように毎朝打席に立ってください。

そしてバットをブンブン振ってください。

初めてそこで説得力が生まれ、SNSの投稿が集客に結びつきますから!!

 

店舗さんへ…SNSに何を投稿したらいいか、わからない時に読んで下さい まとめ

何を言ったか……ではなく、誰が言ったのか

僕の大好きな言葉です。

まったく同じ内容の言葉でも、誰に言われたか……で、すべてが変わります。

大好きな人に言われる「ありがとう」

大嫌いな人に言われる「ありがとう」

どちらが胸に響くか、考えなくてもわかりますよね。

SNSも「何を言ったか、じゃなくて誰が言ったか」が大切。

あなたがもしフォローをいまよりも増やしたいなら、そのあたりを意識すると変わるのではないでしょうか?

SNSは基本無料で使えますので、試してみる価値はアリアリですよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
月間50000PVの当ブログを運営していますジンボラボの神保貴雄です。 新潟県南魚沼市を拠点に地域のグルメ情報などを発信中! 広告代理店『ジンボラボ』では中小企業様の動画CM制作・ホームページ作成やSNSなどのインターネットを利用した宣伝広告などをサポートしています。
詳しいプロフィールはこちら