【上国アドベンチャーフェスタ優勝!】こどもにかけたアノの魔法とは…

2016-07-02 14.59.20

 7/2(土)に『上越国際スキー場』で開催された【上国アドベンチャーフェスタ(ペア2.5kmの部)】に参加しました。

参加者はなんと!!8チーム17名!!全員、上の写真に載っているとゆー(笑)

私は長女と長男とトリオスタイルで参戦。

事前情報で「かなり参加者が少ない…」と聞いた時から「優勝できる!!」と確信していました(笑)

並みいる強敵を倒して神保親子は優勝できたのでしょうか…。

2016-07-02 14.45.29

2016-07-02 14.45.31

会場は上国(ジョウコク)

毎年11月のあたまに行われる『上越国際トレイルフェス』が行われる会場と同じですね。

今年はなんと!開催されないことが決まったそうです。

毎年、欠かさず参加していたので非常に残念ですが仕方なし…

午後3時スタートなのでゆっくりゆっくり会場入りしました。

2016-07-02 14.45.45

2016-07-04 08.43.26

参加者はほとんど顔見知り!!

RUNBAKAからは3組出場!!

①ファウンダー&アモーレペア

②たかふみ&りゅうせいペア

③神保&長女&長男トリオ

の3チーム。

と姉妹ペアとして④たかふみ奥さま&りおんペア⑤ちゃんさんとまいちゃんペア。

全出場チーム8組のうち5組知り合いという完全なるホームレース。

初代チャンピオンになるのはどのペアか…(笑)

2016-07-02 14.59.16

2016-07-02 14.59.29

チンチンポテトマイクロマジック

スタート直前…こんなに緊張感のないスタートがいまだかつてあったでしょうか?

緊張感はなかったのですが、内心燃えていました。

私自身「優勝できる滅多にないチャンスだ!必ず獲るっ!!」とかなり気合入ってました。

それもこれもすべてはこどもたちのやる気次第…。

いかにヤツらの魂に火をつけることができるか…

そこである魔法をかけることにしました。

「帰りのセブインレブンでなんでも買ってやる」

こどもたちの耳元でささやくニヤけ顔のオヤジ。

オズの魔法使いもビックリ仰天なマジックが飛び出しました(笑)

こどもたちもこのマジックで気合が入った模様。

先行逃げ切り大作戦

午後3時スタート。

会場に着いた時には曇り空だったのですが、スタートに近づくにつれ天候は回復、ジリジリと温度が上がってきました。

梅雨真っ盛りということもあり、それにともない湿度も上昇…汗が滝のように噴き出してきます。

コースは細かいアップダウンをひたすら繰り返す感じでした。

2016-07-02 15.03.18

2016-07-02 15.04.32

「一位はつらいよ…」

スタートして500mくらいでトレイルに入ります。

フカフカ…とまではいきませんが、いい感じのトレイルのアップダウンで呼吸が上がってきます。

速すぎず遅すぎず、こどもたちにペースを合わせつつも引っ張っていく作戦。

この時点で神保トリオはトップを快走!ですが、ご覧の通りすぐ後ろには最強チャン&マイペアがぴったり。

2016-07-02 15.07.07

2016-07-02 15.09.25

いますぐにでもプールに飛び込みたい衝動

トレイルを出てちょうど1km地点、ゲレンデを走るコースへと向かいます。

日差しが急にきつくなりかなり暑くなってきました。

上越国際プレイランドのプールを横目でチラリ…

「こんなあっつい中、走ってる場合じゃねーなー」とプールに飛び込む妄想をして心頭滅却。

長女と長男が汗拭きタオルを貸し合う場面にほっこり。

2016-07-02 15.11.02

2016-07-02 15.12.34

ゲレンデという名の悪魔

トレイルランのレースはスキー場を舞台にして行われることが非常に多いです。

そんななか、選手に最も恐れられているのがスキー場特有の『ゲレンデ直登』コース。

ふつうはリフトで上がってスキーで滑るところですから斜度もかなりきついんですよね。

遮蔽物もないので日差しをもろに受けて体中から熱がこみ上げてきます。

こどもたちの顔がみるみるうちに真っ赤っかに。

2016-07-02 15.14.07

2016-07-02 15.15.26

気の抜けない後半戦

ゲレンデを登り切ったところで未だ神保トリオがトップ。

残り1km弱…まだまだ気が抜けないところですが、こどもたちもかなりきつそう。

走りなれた平地と違ってアップダウンを繰り返すトレイルは別モノ。

上手く声をかけながら進んでいきます。

2016-07-02 15.18.46

2016-07-02 15.19.28

最後の激下りでまさかの…

最後の坂を登り切ってあとは下るだけ!!

後ろを振り返ると2位のチャン&マイペアの姿も見ることができました。

このペースでいけば追い越されることはない…とは思いましたが、なにがあるかわかりません。

下りにも魔物が潜んでいます。

2016-07-02 15.20.54

2016-07-02 15.21.16

悲願達成!!

最後は3人で手を繋いでゴール!!

なんとかトップを守り切り優勝することができました。

記録は21分30秒…くらいだったかな??

やりました!!やったりました~!!

2016-07-02 15.22.00-2

2016-07-02 15.23.55

2016-07-02 15.33.12

一位だと誰からも写真を撮ってもらえないとゆー

無事にすべてのチームがゴールしました。

RUNBAKAチーム、神保トリオが優勝でファウンダー&アモーレが3位という快挙。

RUNBAKAに初のタイトルをもたらすことができました!

からの~表彰式。

はじめての表彰台に親父もこどもも戸惑いを隠せません。

でも素直に嬉しい。

2016-07-04 08.43.41

2016-07-02 17.37.36

2016-07-02 17.35.41

2016-07-04 15.48.00

参加賞ではなくて優勝賞品

「参加賞」はいままでたくさんいただいてきましたが、今回は生まれてはじめて『賞品』をいただくことができました。

八海山の「魚沼で候」の雪のなかで熟成させた、ちょっといいヤツ。

サロモンのザックとバフと和紙を素材に使ったソックスをいただきました。

大切に使わせていただきま~す。

2016-07-02 15.35.21

セブンイレブンで起こった奇跡

約束通り、帰りにセブンイレブンに寄りました。

「なんでも買っていいぞ!!」といった手前、ちょっとドキドキしながらカゴを持って待っていると…

 

長女がコレ↑↑↑で(笑)

長男がブラックサンダーを1個↑↑↑(爆)

いろいろ気を使ってもらって…すいやせん(笑)

 あんまりモノでつるのはよくないとは思いつつ…でもいい経験になったっんじゃないかと。

スクリーンショット 2016-07-04 19.21.21

最後にこちらの大会を主催してくださった『real discovery outdoors』さんを紹介します。

とりあえずホームページがこちら…

http://r-d-o.jp/
(クリックするとページにジャンプします)

とってもかっこよくて素敵なホームページだなぁ~うらやましい!!

代表のアドベンチャーレーサーの小澤郷司(ごうし)さんといろいろとお話しすることができました。

こういう新しい繋がりと出会いがあるのも大会に参加する大きな大きなメリットですよね。

 来年も開催していただけるとのことでしたので、また応援&参加させていただきたいなぁ。

ディフェンディングチャンピオンの神保親子を超えるチームが現れるのか!?

あぁ~しばらくチャンピオンの余韻に浸ります(笑)

 

~じんぼのまとめ~

オヤジの酔狂に付き合ってくれた長女と長男に感謝。

あと数年すれば、こんなこともなくなるんだろうな…

そんなことを考えながらブログを書くオヤジ(笑)

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です