【実録】坂戸山で大会を開催するまでのようすをお伝えします

2017-03-05 15.19.55

僕が住む六日町という町には「坂戸山」というシンボル的な山があります。

(↑↑↑これは坂戸山から臨んだ八海山です)

こどもの頃から空を見渡せば、その景色の1/3は坂戸山が占める…という距離感です。

634mと決して高い山ではないですが、登った時の達成感はハンパありません。

いまだにその感覚は薄れることがなく、むしろ登る度に増してくるから不思議。

老若男女が季節を愛でたり、草木を楽しむのに、こんなに好都合な山はありません。

そんな気持ちをもっとたくさんの方に知ってもらうためになにができるだろう…。

そう考えてつくったのが『坂戸山ラ部』というグループです。

https://www.facebook.com/groups/sakadoyama/

↑↑↑こちらからご覧ください。

はじめたのは…2011年か2012年の頃だったような。

主にフェイスブックを媒体として発信しているのですが、いまでは400名以上の方が参加してくれています。

月に一度の「坂戸山トレッキングツアー」は今年で4年目

もうすでに僕の生活の一部になりつつあります。

2017-03-02 06.41.20

「いつか坂戸山を舞台に大会をしたい」

坂戸山に登るようになってから、ずっと考えていました。

いつやるか…いつやるか…と頭の中でグルグルしていましたが、いまがその時!!

「いまでしょ!!2017年にやるでしょ!!」

ハイテンションで誰にも相談せずに一人で勝手に決めました(すんません)。

昨年のクリスマスイヴに開催した「坂戸山ラ部大忘年会」にてサプライズで発表させていただきました。

それから3ヶ月…すてきな仲間に支えられながら着々と準備を進めています。

IMG_6220

大会まで残り2か月…

となりました。

こんな機会もそうそうないので、この坂戸山での大会が開催されるまでを、こちらのブログにてお伝えしてきます。

こちらを読みながら僕と一緒に大会をつくりあげていくようすを疑似体験して楽しんでいただけると嬉しいです。

正直ですね、かなりプレッシャーです。

いままで感じたことのないタイプのやつです。

そんな気持ちを少しでも和らげるため、文章として立ち上げ記録していきます。

いよいよ来週には大会エントリーをはじめる予定です。

どのような形で参加を募るか…いまから少々不安ですが、とりあえずやってみます。

最近マジで”神な曲”がこちら

寝ても覚めてもこの曲ばっかり聴いています。

あなたもこれを聴きながら新しいこと初めてみませんか??

 

~じんぼのまとめ~

そーそーそー言えば去年、RUNBAKAの笠原が「24時間耐久坂戸山」を一人でチャレンジしたのですが、考えてみるとあれにもかなり刺激を受けました。

24時間はさすがにきついので「12時間」チャレンジしたいな~。

これが一段落したら考えてみます!!

こちらの記事も人気です。

電話でのお問い合わせは

インターネットでのお問い合わせは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です