長尾政景公を謀殺したのは誰か?②

各文献ごとの政景公の死についての記述についての考察。

①上杉景勝公御年譜 巻一

この文献には「上田野尻の池にて残暑を除かんため舟遊びを催され溺死し玉う」とあるそうですが、この文献はほとんど参考にならない文献だそうです。

当時の通念上として、内部の人間が秘匿する不審死に関しては「入水」や「溺死」などの表現が使われているのことがある…なんて話もあったりなかったり…。

宇佐美説にしろ下平説にしろ結局のところ内輪揉めですから、公式文献には記述しづらかったのではないかと…勝手に想像。

②北越軍記 巻之4中 宇佐美定祐著

「7月5日、宇佐美舟遊び川狩りを興行し、政景同舟にて籾ケ崎より野尻の池に出る、兼ねて船底に穴を明け栓を挿しおき、池の中にて栓を抜くに付、水たちまちに沸き入り船沈み政景を定満とらい、ともに水中に死す」とあるそうです。

が、しかし北越軍記の著者、宇佐美定祐は定満の末裔とも伝えられています。当時、軍記物に代わる資料が乏しく定祐の編纂刊行も大いに歓迎され、のちに学者や歴史家に他の軍記物とともに引用されたとのこと。

それにより政景公の死は宇佐美定満の『義による謀殺説※』として語り継がれてきました。

※政景が謙信への謀反を起こそうとしているのを『義』の精神をもって、命にかえて止めさせた定満。定祐が自分の祖先を英雄化するための捏造だったのではなかったか…という話も。

それに「越後軍記」には永禄7年に宇佐美定満は病死した。という記述も見られます。やはり定祐の捏造の線が色濃い。ということで宇佐美定満実行犯説は、どうも怪しい。

ううむ。奥が深い…。続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です