「イベントをやってみたい!」をサポートするサービスを始めます

僕がこれからなにをやりたいのか……

正直、自分でもまだわからないことの方が多いんですよね。

目下、手探り中。

「箱の中身はなんだろな」を連想していただけると、わかりがいいかも(笑)。

でもね、箱の中身をおっかなびっくり探っているうちに、少しづつなにかわかってきた気もするんですよね。

フリーランスになって一か月が経とうとしています。

絶賛フリーランスのジンボブログ、神保貴雄(@minamiounuma)です。

この一か月を振り返りながら、僕が見つけたこと、やりたいことの構想を書き記していきたいと思います。

 

ん~と、まず僕がフリーランスになってから取材をお願いして記事にしたところが…

『第二回ウエスギカゲカップ』開催しました!!

というかフリーランス一日目が、僕が主催するイベントでしたね(笑)。

ジンボ
数奇な運命だぜ!!

ということで一発目がこちら。

魚沼堀之内【麺の春雪】とんこつラーメンに命かけてるからメニューがふたつしかないぞ!

フリーランス二日目に訪れたこちらのお店。

なかなかレアなお店だったのか、タイミング的なものかよくわかりませんが、かなり反響があってアクセスがたくさんありました。

僕がイベントを開催する時に大切にする5つのポイント

で、イベントの記事

こういうの見てると自分が何に向いているかわかってきますよね。

一人で美味しいラーメンを作るのが向いている人と、たくさんの人とひとつのものを作りあげるの……どっちが得手不得手か??

僕はきっと後者なんだろうと、このあたりを見ると我ながら強く感じるわけです。

南魚沼のママに大人気!【カフェ芯菜箸】パパ目線でランチしてきた

からの、こちらのお店

こちらのお店も、かなり衝撃的でしたね。

女性三人で切り盛りしている、いままで南魚沼にはなかったタイプのお店。

ジンボ
いい~刺激もらいましたよ、ほんとに

こんな感じでビジネスをやれたら、幸せだろうな……って。

もうね、ラーメンの記事を書くとアクセスハンパない。

前からわかっていたことなんですけど、あらためてそう感じさせられました。

これだけでなんとかなるんじないか!!と錯覚させられそうになるぜ。

「接骨院を退職して一週間…」なにをやっていたか、まとめてみました

仕事を辞めて一週間が経ったところを総括した記事です。

我ながらサムネイルが秀逸(笑)。

「学校の絵を描いてみて」95%の人がこんな絵を描くと思うけど君はどう?

こんな抜いた感じの記事も書きながら。

『南魚沼で雑貨と洋服のことならハイネ』写真多めでレポート

で、なにがやりたいの??

初めてちゃんとアポイントメントを取って取材をお願いしたが「ハイネ」さんでした。

モノを売るだけではなくて、体験や「場」を提供するスペースにしていきたい!と店主から伺うことができました。

そうなんですよね~、南魚沼には圧倒的に、この「場」が少ないと日頃感じていました。

長岡市とか新潟市でイベント開催するときは大体、無料か南魚沼に比べると安価でスペースを借りることができるんですよね。

ジンボjr
これはなんとかしたいところ!!

例えば、「なにかやりたい人」と「場を持っている人」をマッチングさせるようなサービスがあるといいですよね。

  • こういう内容で
  • このくらいの規模で
  • このくらいの人数で

など内容を僕がリサーチして、それにあった会場となる「場」を紹介する……みたいな。

ついでにそのイベント全体のお手伝いをするみたいな。

ジンボ
『ジンボがイベントをプロデュース』

というとわかりがいいかな。

例えば、あなたが自分のスキルを活かした講座とかワークショップみたいなものをやりたい!と思ったとしますよね。

でも、こんな理由で諦めちゃうと思うんですよね。

  • ハコ(場)がない
  • 人が集まるのか不安
  • そもそもどうやったらいいかわからない

そこで僕の出番です!!

まずはあなたが開催したい講座の内容や規模に合わせたハコ(場)をマッチング。

SNSなどを使った集客のサポートもします。

講座の流れや、やり方、スムーズな運営までお手伝いします!

みたいな。

中小のイベントをいままで、これだけ開催してきたので、それなりのノウハウはあるかと。

こんな声もいただいています

僕が主催している「ウエスギカゲカップ」を自分の地元でも開催してみたい!という声をいただきました。

そうそう、こういう感じね。

「場」というと、会議室とか公民館とかをイメージしますが、そうじゃなくて店舗でもいいと思うんですよね

ハイネさんはまさにそれで、店舗の一角を講座やワークショップのスペースに充てています。

そういえば僕も接骨院が通常営業が終わってからテーピングやワラーチのワークショップをやってましたから。

  • 夜しか営業していない飲み屋さんを昼間使わせてもらう…とか
  • 逆に昼しか営業していない店舗を夜、使わせてもらう…とか
  • いや、むしろ営業中の店舗の片隅をお借りする……とかね

空いてるスペースを使わないともったいないですからね。

「なにかやりたい人」は自己表現ができて収入に繋がる。

「場を提供できる人」は空いてる空間的、時間的な隙間を埋めてもらって、お店の宣伝にもなる。

「参加する人」は楽しい時間と、すてきな出会いに出会える。

「マッチングする僕」は、嬉しいし収入になる。

ジンボ
“三方良し”を通り越して【四方良し】じゃないかぁ~い!!

空間の隙間を埋める、時間の空間を埋める、財布の空間を埋める(笑)。

『隙間を埋めるマッチング』

キーワードになりそうです!!

はい、ということです

まだ本当にアイディアの枠を超えない段階なので、山のものとも海のものとも言えない状態ですが、あなたの頭の片隅に入れておいてもらえると嬉しいです。

  • 「こんなイベントやってみた~い!!」
  • 「場を提供してもいいよ~!」
  • 「くわしい話を聞かせて!」

という方はお気軽に連絡いただければと思います。

むしろ、僕のこのアイディアを一緒に形にしていきませんか??

ひとりでやっていても面白くないんですよね(笑)。

いろんな人を巻き込みながら、やっていきたいんです!!

ということで、ご協力よろしくお願いいたします。

1 個のコメント